セラとぴあ HCCセッション 受けてみました!

こんにちは!高尾です(^^♪

なかなか秋らしい気候にならず、地球温暖化が体感として実感できる日々です。秋の気配はするのになかなか衣替えもできない、外を歩くと気持ちいいというよりは、汗ばんで疲れてしまう(-_-;)
このように、身体的に落ち着かないと、こころもなんとなくざわつく感じがしませんか?やっぱり、こころと身体はつながっているのですね〜

なにを隠そう、私もその一人。
・・・ということで、以前にもご紹介した、ケアギバーのためのオンライン相談室「セラとぴあ」のHCCセッションを受けてみました。

自分でその日のテーマを決めて、質問の書かれたカードをランダムにめくり答えていく。(この質問が、実に上手く考えられています。)
私の感想としては、質問自体はとてもシンプルでとっつきやすいけれども、答えていくうちに、今まで考えたこともなかったような思いに気づいたり、私ひょっとして頑張ってる?もしかしたら〇〇じゃなく✕✕がやりたいのかな??じゃあ、こっちじゃなくってあっちか!?
・・・みたいに、自分自身がなぐさめられながら、未来に視点が向けられ、その思考に基づいて、ならば今なにができるか?という問題が明確になり、高揚感すら感じられるようになりました(^^)/
50分のセッションを終える頃には、手放すものと、手元に残すべきものがスッキリと整理され、これからの課題が時系列として未来に向けて羅列されたのでした。

クライアントさんと対峙していて時々感じるのが、自分から物語ることの難しさです。ならば、この「質問カード」の存在は、自分語りの大きなトリガーとなり得るかもしれません。
いろいろな引き出しを作っていくことは、大変ではありますが、とても大切なことだと思っています。
横のつながりを大切にし、誰かが一生懸命にやっていることを否定せずにお互いを尊重し認め合い、一人でも多くの方に笑顔が戻るよう努力し続けていくことが、我々ケア師に求められるということを忘れてはならないのだと思います。

しかし、実はこれがとても難しいのです(^_^;)
でも、ならば、今の自分にできることはなにか、、、ということに気づかせてくれた、貴重なモニター体験でした(*^^*)

黒丸先生率いる「セラとぴあ」。
ケアギバーであるがゆえに、ご自身のセルフケアが後回しになっている方々のための相談室です。1度覗いてみてください👀
コラムで、玉置さんの講演会を紹介してくださっています!!
https://www.seratopia.net/

課題解決のための第一歩として、昨日からオンラインで参加している「ナラティヴによるグリーフケア」の講座。グリーフケアの現場で働いている方々との智慧の共有もまた、私の引き出しを増やしてくれるのではないかと期待しています!

9月頃から、ミモザにたくさんの蕾がつき始めました。
今から何ヶ月もかけて、春先にあの可愛らしい黄色く丸い花を咲かせるそうです。

ゆっくりじっくり急がないで、寒さに耐えながらも頑張り続けている蕾たちを見守ろうと思います❁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA