日本スピリチュアルケア学会 in 札幌

こんばんは!高尾です(^^♪

台風24号が接近中です🌀
その最中、札幌よりギリギリセーフで帰宅いたしました。

金曜日より「日本スピリチュアルケア学会」に出席するために札幌に行っておりました。

 

      
会場は、藤女子大学。構内は女子大らしく、とても清楚で花々が咲き誇っていました。

グリーフケア研究所を卒業して2年半。今は亡き日野原先生から、2年前の学会で「スピリチュアルケア師」の認定証を授与していただきました。先生から直接手渡していただけたのは、我々の代が最初で最後になってしまいました。

今回学会に加えて、卒業後3年以内に学会前日に開講される「倫理規定」の講座を受けなければならず、これまたギリギリセーフでなんとか2単位取得することができました。

もっと早くに受けておけばよかった、、、と思える内容で、グリーフケアの現場で日常的に起きている問題の、倫理理念を深く考えさせられる内容でした。
クライアントさんを護るための倫理規定をきちんと遵守できてはじめて、クライアントさん、カウンセラー双方にとって、安心・安全な場となるのだということを痛感しました。
学会初日、札幌は快晴☀  ホテルのお部屋からの眺めです。

学会は午後からなので、大通り公園で開催されている「食のフェア」をちょっとだけのぞいてきました👀


さすが札幌!どれもこれも美味しそうლ(´ڡ`ლ)

 

 

学会初日は講演とシンポジウム。本日2日目は分科会。
上智時代のクラスメートの発表を順次聞きながら、最後は大学院の修論指導教官の発表。
表題「生命科学者柳澤桂子氏のSpiritualityの覚醒とResilienceの発現」で、柳澤氏の病跡をたどりながら、人間が極限状態に陥った時に得られるSpiritualityの覚醒が、Resilienceを引き出す、という内容でした。
覚醒とは、、、
スピリチュアル的には、大いなるものとの出逢いといったもの。
そして、生命科学的には、極限状態になると、個体を護るためにナントカという物質が分泌され、それが痛みを感じさせなくしたり、気分を高めるといった働きをする、というものでした。

学会に参加しながらも、ANAから送られてくる「ご予約のフライト、飛ばないかも」メールが気になって仕方がありませんでした💦
結局、分科会を最後まで聞いて、午後のシンポジウムや市民講座は諦めて帰ることにしました(ToT)

首都圏では、20時以降JR全線を運休にするくらいの暴風雨が予想され、フライトを3時間も繰り上げたのに「引き返す可能性あり」のまま搭乗しました。
実は、私は飛行機が大嫌い(。>﹏<。)
その時湧き上がってきたのは、「誕生日に死にたくない」という思い。。。

そうなんです。今日は私の誕生日🎂
私の誕生日の前後は、台風が多いのです。
家に帰った途端の暴風雨🌀🌀
でも、家族の思いが待っていてくれました(^^♪
  
主人と息子がウクレレで、♬Happy birthday to you♬と祝ってくれ、今年も1年元気に過ごせたことに感謝し、明日からの1年もまた、素敵な出逢いに導かれますように…..と願いました✨

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA