気持ちが優しくなれる場所(*˘︶˘*).。.:*♡

こんばんは!高尾です(^^♪

昨夜の春の嵐も明け方には静かになり、午前中には雨もあがりました。でも、猛烈な湿気が💦💦💦

そのような鬱陶しいお天気の中、昨夜の嵐でダメになってしまったかしら?と案じながら「鎌倉文学館」に行ってみました。

緑のトンネルを抜けるとこんな素敵な洋館が✨

この文学館のお庭には、手入れの行き届いたみごとなばら園があります。

 

雨があがったばかりのせいか人影もまばらです。

 

 

   
雨上がりの薔薇たちはとても瑞々しくて、ため息が出てしまいます。

雨にも負けず、風にも負けず………

よく頑張ったね、、、と声をかけてしまいそうなくらい、健気に咲いています。

 

 

 

 

ふと後ろを振り向くと、
薔薇の向こう側に洋館を臨みます。

 

胸に突き刺さるような言葉が連ねられたメールが届いたり、理不尽さを突きつけられるような職場に身を置かなければならなかったり、いろんなことが自分の身の周りで起きていますが、なぜかとても冷静に、毅然とした態度でいることのできる私がおります。

きっとそれは、自分を整えるということがどういうことなのかが、少しずつわかってきているからだと思います。

こころが整っていると、少々のことが起きても、頭が真っ白になって気持ちがそこに持っていかれるようなクラクラした感じにはならず、「あぁ、この人はこういうことのできる人なんだな」「こういう考え方の人なんだな」と、自分の感情とは切り離されたところにそのできごとを置くことができるように感じています。
一昔の私だったら、気持ちが悪くなって食欲がなくなったり、夜眠れなくなったりしたのですが、多少のざわつきはあるものの、日常生活が脅かされるようなことはありませんでした。

気持ちが優しくなれる場所を見つけておくと、病気になった時にお薬を飲むように、その場所に足を運ぶことによって気持ちのざわめきが治まります。
普段から、自分のこころの拠り所になる場所を見つけられるように、なるべく思い込みのたがを外して、チャレンジしてみてください(*^^*)

先日、コロナを挟み実に2年半ぶりくらいに訪ねたこの場所で、驚くほど自分の気持ちが柔らかくなっていることに気づきました。

グレープフルーツのセパレートティー。
一人ずつ丁寧に丁寧に作ります。
最後に、氷の上にそっとそっとアイス・ティーを注いでいくと、綺麗にセパレートされた見た目にも美しい作品の出来上がりです(*^^)v
一昨年のワークショップで、皆さまにもチャレンジしていただきました。

 

こちらは先生が作ってくださった、様々なセパレートティー。

どれも美味でしたが、私はココナッツシロップで作ったものが、バリっぽくて好きでした❤

 

 

最後に、シンプルなアイスティーをそれぞれ作ります。
アイスティーには、渋みの素であるタンニンが少なめの茶葉を使います。
そうすると、白く濁ることも、渋くって顔が歪むこともなく、スッキリとした味わいでありながらも、茶葉の香りが楽しめるアイスティーを作ることができます。

 

アイスティーに合うスイーツをいただきながら、自然に笑顔になれている自分に気づきました(^^)
ちょっとくらい無理をしても、こういう時間を作って自分を大切にケアしていくことが、きっと、日々の自分を救ってくれるこにつながるのだと思います。

人生で一番のパートナーは
自分自身です

だからきちんとメンテして
正常な状態を整えておくこと

好きな本を読む
外を散歩してみる
ゆっくりお風呂に浸かる
傷つけてくる人から離れる
夜はぐっすり寝る

優しさをまずは自分自身に向けること

いつ幸せが来ても
感じ取れる「心」を育てておくこと

fbで、どこからともなく飛んできて、どこかへ飛んでいってしまったメッセージです。今私が感じていること、お伝えしたいことそのままで、ちょっと驚きました(^_^;)
付け加えるとしたら・・・
「いつかなしい出来事が起きても、その理不尽さに負けない『強いこころ』を育てておくこと」
でしょうか。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。