緊急事態宣言の延長(-_-;)

こんばんは!高尾です(^^♪

まるで初夏のような暑い1日でしたね☀
それでも、風が爽やかだから、、、とやり始めた、伸び放題の庭木の手入れで、汗だくになってしまいました💦
でも、ずっと気になっていたことを片付けると、なんだか気持ちはスッキリ!!
先延ばしにしないって、「今を生きてる」って感じです\(^o^)/

東京都の緊急事態宣言が5月末まで延長されました。現状を鑑みると致し方のない判断だと思いますが、Be-ingでも対策を練らなければならない状況となってまいりました。

当然のことながら、緊急事態宣言が出されている都市に出向くことはとても不安です。「もしも自分がコロナに感染したら・・・」どれだけ多くの方々にどれだけ多くの迷惑をかけるのか、、、と考えるだけで、足がすくんでしまいます。

でも・・・
ホテル業界の方も、飲食店の方々も、電話が鳴る度に「またキャンセルか」と怯えているといいます。最近では、レストランのキャンセル料が前日キャンセルでも100%というお店が出てきました。実際どうやって請求するかは?ですが、要するに、キャンセルポリシーを徹底して守ってください、ということなんだと思います。
予約とは、自分のために、プロの方の時間と技術を押さえるための行為です。予約をした時点で、その準備は始められるのです。それなのに、直前や、前日遅くにキャンセルされると、準備したすべてのものが無駄になってしまうかもしれないのです。食材が棄てられたり、人材が宙に浮いてしまったりもするのです(T_T)

コロナだから・・・
コロナの時代だからこそ、予約をする時点で、本当に行けるかどうか、行っていいのかどうか、本当に行く必要があるのかどうか、、、をじっくりと考えてみましょう。人から見たら「不要不急」かもしれないことであっても、自分にとってはとても大切なことがあると思います。だからこそ、自分でよく考え、判断し、行動する。そして、行動するからには、責任を持って感染予防策を徹底する。
コロナの時代だからこそ培うことのできる、「生きる力」なのかもしれません。

ということで、Be-ingでもキャンセルポリシーを設けることといたしました。
1.キャンセルのご連絡は、前日の18時までにお願いします
2.当日キャンセルの場合には、2時間前までにお電話にてお願いします
3.3回連続してキャンセルされた場合には、ご予約をお受けできない場合があります
4.予約時間直前や過ぎてからのキャンセル、無断キャンセルの場合には、キャンセル料を頂戴いたします
5.ワークショップの場合には、キャンセル待ちの方がおられますので、開催日の2日前までにはご連絡をお願いします

以上のご協力をお願いさせていただいた上で、感染予防対策を徹底してお待ちしております。
5月末までは不定期な開室となりますので、www.grief-cafe.co.jp の「webからのご予約」を是非ご利用ください(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA