緩和ケア病棟でできること

こんばんは!高尾です(^^♪

冬将軍到来で、いよいよ冬本番となってまいりましたね!
インフルエンザが流行ってきたので、私も昨日勤務先のクリニックで予防注射をしてもらいました💉

今日は、緩和ケア病棟で17年間もアロマセラピストとして終末期の患者さんと向き合ってこられた方に、ケアとしてのアロマトリートメントの基礎知識を講義していただきました。

でもその前に、お互い自己紹介をしていく内、たくさんの共通点を見出してしまい、あちこちに話が飛び、盛り上がってしまいました。

二人共バリが大好きで毎年癒されに行っていること、彼女が西宮、私がそのすぐ近くの宝塚に住んでいたこと、彼女が働いている緩和ケア病棟のある病院が、私にとってはとても懐かしい場所であること、やりたいことの原点が似通っていること、、、などなど・・・

それでもビッチリ3時間、マンツーマンでアロマに関する様々なことを教えていただきました。今まで何気なく、「アロマ、アロマ」と言っていましたが、知らないことがたくさんあり驚きました。

最後に、空気清浄スプレーの作り方を教えていただき、私は、ユーカリ、レモン、ティートリーの精油を調合し、お気に入りの香りをお土産にいただいてまいりました。ユーカリは特に滅菌効果があり、浮遊している風邪ウイルスなどをやっつけてくれるそうです。
明日から、クリニックの受付で大活躍しそうです(^^)

終末期の患者さんにとって、ハンドトリートメントやフットトリートメントは、最期の日々を心地よく過ごす為にもとても大切なケアとなります。
引き続き実技も教えていただき、私も緩和ケア病棟で、トリートメントをさせていただきながらのグリーフケアサポートを、患者さんやご家族の方々にさせていただける日が来ることを願いながら、トレーニングに励みたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA