ごあいさつ

グリーフ・カフェ Be-ing 合同会社 について

私達をとりまく日常生活の中には、様々なグリーフが潜んでいます。
そしてお一人お一人、顔や性格が違うように、そのグリーフの捉え方、感じ方も違っています。
だからこそ、グリーフには”大きい”も”小さい”もないのです。
日本には「我慢することこそが美徳」とされる風習が、いまだ根強く残っているように思います。
「このくらいのことで・・・」と我慢し続けることによって、グリーフの連鎖から逃れられなくなってしまうことがありませんか?
「なんかちょっと辛いな・・・」と感じる気持ちを大切に、その気持ちを言葉にすることによって、その「なんかちょっと」がなにものなのかが見えてくることもあります。
その思いを見つめられる場所、誰かと感じ合える場所、誰かがいつも待っていてくれる温かくて居心地のいい場所、気がつくと笑顔になれている場所を作りたくて、「グリーフ・カフェ Be-ing 合同会社」は立ちあがりました。

従来のカウンセリングのかたちにとらわれず、音楽を聴きながら、スイーツを召し上がりながら、、、などなど・・・それぞれが自由にこころを解放できるかたちをさぐりながら、ここに来てほんとうによかった、と思っていただける場所作りにつとめていきたいと思っております。

グリーフ・カフェ Be-ingは、新六本木クリニックの精神科医、産業医、内科医と連携しておりますので、おからだの不調、通学・通勤の不安を抱えておられる方も、どうぞ安心してお越しください。
皆様とともに「どこにもないここだけの場所」を作ってまいりたいと思います。

グリーフ・カフェ Be-ing 合同会社
代表 高尾 直子

代表者プロフィール
1985年 聖心女子大学卒業  心理学科臨床心理学専攻
IT企業勤務を経て、育児に専念後、自宅でピアノを教える傍ら、2009年〜2018まで、カリスカウンセリング研修会に所属。
2016年、全日本カウンセリング協議会より三級カウンセラーに認定される。
同年、2年間のプログラムを終え、上智大学グリーフケア研究所を卒業 日本スピリチュアルケア学会よりスピリチュアルケア師に認定され、名誉会長の日野原先生より認定証を授与される。
2019年、上智大学グリーフケア研究所より臨床傾聴士に認定される。
現在、東洋英和女学院大学大学院人間科学研究科修士課程に在学中。

思いもよらない母親の死をきっかけに、グリーフを抱える方々の「いま、ここ」の思いに、こころを込めて寄り添わせていただくというケアの在り方を探求し続けている。
また、自身も不妊治療や2度の流産を経験し、自分の1部をもぎ取られたかのような喪失感を味わう。その際に、ケアされる場所がなかったもどかしさから、「Tiedeur(ぬくもり)」を立ち上げ、思いを発することのできる場所作りを実現した。
[資格]
認定心理士
スピリチュアルケア師

臨床傾聴士(上智大学グリーフケア研究所認定)
グリーフ専門士
三級カウンセラー(日本カウンセリング協議会認定)
[所属学会]
日本スピリチュアルケア学会
日本心理学会