なにごとにもお終いはくる、、、のです

こんばんは!高尾です(^^♪

朝晩はびっくりするくらい涼しくなってまいりました。
昨日今日と、久しぶりのエアコンなし!
この夏よく働いてくれたエアコンも、ようやく夏休みです(*^^*)

 

ピアノの発表会やグリーフケア、そしてキャンドルワークショップでずっとお世話になってきた「六本木シンフォニーサロン」が、今月いっぱいで幕を下ろすことになりました。サロンが入っているビルの建替えに伴い、移転ではなく、お終いにされるということを、先日お心のこもったお便りで知ることとなりました。ご自分の望む形ではないお別れに、代表の方の悔しさは幾ばかりかと心が痛みます。

でも。。。
と思うのです。
何事にも終わりはくる。永遠に続くものなどないのかもしれません。
どうしても私たちは、変わらないもの、永遠に続くものに憧れを抱きます。
でも、もしも続けることだけに拘って、大切な何かが変わってしまうとするのならば、辞めるという選択はあまりにも潔くて素敵です✨

このサロン、元々はクリニックの中に併設されていたそうです。
クリニックに来られた方々の緊張を少しでも緩めることができたら、、、という代表者の思いから、素晴らしい雰囲気のサロンと見晴らしのいいホワイエが造られました。ここで毎日患者様のために、ピアノが演奏されたそうです。

 

 

 

私の生徒たちも、毎年このサロンでの演奏会を楽しみにしていて、何人もの生徒たちがここから巣立っていきました。毎年趣向を凝らし、様々な楽器がここで奏でられました。

集う場所がなくなってしまうことはとても残念ではあるけれども、でも、たとえなくなってしまったとしても、頑張って努力したこと、緊張で指を震わせながら演奏したこと、でもその達成感がクセになること、そして美味しいスイーツの数々・・・生徒たちの胸に刻まれた貴重な想い出は、いつまでも色褪せることはないと思います。

私も、いつまでも誰かのこころの中で生き続けてくれるような、そんな潔く清々しい終い方をこころがけながら、今は今を頑張ろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。