チャプレンとは✞

こんばんは!高尾です(^^♪

今日の敬老の日も雲ひとつないいいお天気でした☀
それにしても、「敬老」とは、いったい何歳くらいからの方を敬う日なのでしょうか?
孫が生まれたら自動的に「おばあちゃん」になるわけで、わたくし、なんだか微妙なお年頃のような気がしてなりません(^_^;)

先日、日赤医療センターの緩和ケアカンファレンスに参加しました。勤務先の新六本木クリニックのグリーフカウンセラーとして出席しましたが、私以外は医師か看護師さんたちばかり・・・やっぱり、グリーフケアはまだまだ医療関係者、しかも緩和ケアや終末医療に関わる方以外には、浸透していないようです。

講演してくださったのは、聖路加国際大学の名誉教授であり病院チャプレンでもあられる、ケビン・シーバー司祭でした。

チャプレンとは・・・
施設内にある、例えば病院や学校にある礼拝堂を「chapel」と呼び、街なかにあるものを「church」と呼ぶそうです。だから病院の中にあるchapelで礼拝を担当する牧師は「チャプレン」と呼ばれます。

では、病院チャプレンとは・・・
患者さんやご家族のスピリチュアルケアを専門とする聖職者のことをいいます。日本では「臨床宗教師」とも呼ばれています。
欧米医学界では当たり前の存在であるチャプレンですが、日本ではまだまだ知られていません。
彼らの役割は、布教や説教ではなく、患者さんやご家族のお話を傾聴し、スピリチュアルペインに取り組むことです。ここでは、相手を判断しないで受容する態度が求められます。
キリスト教圏の国々で始まったこの病院チャプレンですが、その後社会の多様化に従い、ユダヤ教、イスラム教、仏教などのチャプレンも増加していったそうです。日本でも、私が研究所時代に病院実習で行かせていただいた佼成会病院のように、ビハーラ僧がチャプレンとして入っているところもあります。

緩和ケアにおいては、人間のトータルな健康・健全性=well-beingは、スピリチュアルな側面抜きでは考えられないとされ、生きる意味や自己認識といったこのwell-beingを促進することを目指しています。

スピリチュアリティとは、我々人間が生まれながらに持つ、生きるためのエネルギー源のようなものだと私は捉えています。何ごとも起こらない日常の中では、特に意識されず無意識の世界に追いやられているこのスピリチュアリティが、大きなできごとに出くわした途端に蠢き始めるのです。「自分はなんのために生きているのか?」「自分の生きることの意味とは?」「こんなに辛いのに、どうして生きていかなければならないのか?」といった、今まで向き合ったことのないような問いかけが降り注いでくるのです。
このスピリチュアリティの蠢きにより、人生を支えるものを自分の中に探し求め、そこでたどり着いた自分らしい生き方や、死に様になにを求めるかに気づくことができるのです。

このように、死が間近に迫った患者さんにとってはとても重要な役割を担う病院チャプレンですが、その存在はいまだにあまり知られておらず、またスピリチュアルケアの重要性をご存知のかたもあまりいらっしゃらない、、、ということが、病院内でのスピリチュアルケアを難しいものにしているようです。

そこでいろんなことを考えさせられました。
司祭は、ケア師が足りないので「日本でも日本スピリチュアルケア学会が認定講座を持っているので、是非学んでもらいたい」とおっしゃっていましたが、研究所で学んだところで、聖職者でも医療関係者でもない私は、病院に入ることができないのです。きっと永遠に・・・残念ながら、やっぱりスピリチュアルケア・グリーフケアは聖職者に任せるしかないのかもしれない、、、という気持ちになってしまいました。

それでも、それでも私にできることがあるとしたら、それはいったい何なのか?
昨日出席した、黒丸先生のホリスティックコミュニケーション実践セミナーでいただいたヒントを手がかりに、今までとは少し違った視点でこれからのことを考えていきたいと思っています。

まずは、ひとりでも多くの方に「スピリチュアルケア/グリーフケア/セルフケア」を知っていただくためにできることから、あらためて!!
聖職者でないからこそできること、、、も、きっとあると信じて(*^^*)

ミニボンボンキャンドル(*˘︶˘*).。.:*♡

こんばんは!高尾です(^^♪

台風一過の、本当に雲ひとつない気持ちのいいお天気でした!
夜空にポワンと浮かぶ月は、21日の中秋の名月に向けて、ぷっくりとふくらんでいます🌕

 

何故か台風に見舞われることの多いキャンドルワークショップ🌀
昨日のワークショップも、連日天気予報とにらめっこでしたが、懸念していたような事態に陥ることもなく、しかもお帰りいただく頃には雨も上がり、無事に開催することができました(^^)/~~~


前日に準備を整えておきました。

 

ai先生も準備万端!

ソイキャンドルに初挑戦です💪

ソイキャンドルは、大豆からできた植物性油が原料で、パラフィン(石油由来)や蜜蝋と比べると融点が低く、火を灯すとキャンドル全体が溶けていきます。
パラフィンワックスのキャンドルと比べると、火が消えるときのススが出にくかったり、100%ピュアなソイワックスだと有害物質を含まないので、身体に優しいキャンドルと言われています。

ただ、温度管理がとても難しく、100度を超えてしまうとスカスカになってしまったり、冷やしすぎると割れてしまったりするので、今回はai先生にとっては、緊張の連続のワークショップになりそうです。


色を選んで、溶かしたソイワックスに着色していきます。
ほんの少しずつ混ぜながら、好みの色に近づけていきます。
かけらほどの粒1つでさえも、ぱぁ〜っと色が変化していきます。

難しいけどすごく楽しい^^

 

 

型に流し込み、ゆっくり室温になじませていきます。

 

 


今回の絵本の朗読は「ひだまり」。文も絵も「あかり」と同じ作者です。
優しいタッチの絵と、ほんわかジ〜ンキュ〜〜ンじんわりの温かいものがたり。
15分の長編ですが、みなさんじっと聴き入ってくださいました。

 

その間に温度の下がったボンボンたちを、最後に少しだけ冷蔵庫に入れて、しっかり固めます。
フルーツの皮をむくようにめくると、ツルンと赤ちゃんのお尻のようなキャンドルが生まれます。

  
パステルカラーが目にも優しく、歓声が上がりました\(^o^)/

 

今回のお土産は、そろそろ季節到来・・・のマロンです🌰

可愛くラッピングして自分へのプレゼント✨

キャンドルを灯して、マロンパイとマロンティー(๑´ڡ`๑)を味わう、素敵なひとときをお過ごしください(*˘︶˘*).。.:*♡

 

今回も、みなさん子供のように歓声をあげたり、あーでもないこーでもないと色つけを楽しんだり、日常生活でのあれやらこれやらをちょっと脇に置いて、存分に楽しんでいただけました。こんな素敵時間を、普段頑張っているご自分へ、時々プレゼントしてさし上げましょうね。

次回は11月20日(土)です。クリスマスに向けての「スノーキャンドル」を2種類作ります。どうぞお楽しみに!!

9月25日(土)に先日ご紹介した友人のサロンで、「てごねキャンドルワークショップ」を開催することとなりました。今回日程が合わなかった方、メールをいただけましたら詳細をご案内いたします。JRおよび京成線の金町駅より徒歩8分ほどのサロンになります。3名ほどの募集となりますので、ご希望の方は早めにご連絡いただけたらと思います。お待ちしています(^^)/

夢をかたちに

こんばんは!高尾です(^^♪

ムシムシと湿度の高い日が続きます。なんだか気持ちまでもが、ジメジメとしてきてしまいます💦💦
そんな時は、自分をいたわり整えることがとても大事!
ということで、昨日かねてから行きたかった「一般社団法人セルフケア・ネットワーク」さん主催のセルフケアワークショップに参加してきました(^^)/

今月のセルフケアは、中秋の名月にちなんで「兎の折り紙とお抹茶」です。
折り紙を丁寧に折って兎を作り、自分で茶筅を使ってお抹茶を立てました。久しぶりにいただいたお抹茶と和菓子。なんともいえない、ほっこり感に包まれました。

実はその前に、ある場所を訪問してまいりました。

グリーフケア研究所時代の同級生が、かねてからの夢だったハウスホスピスをオープンさせました\(^o^)/(友人はここのオーナーです。ウッディの方は、ここを間借りして、ハウスホスピスとデイケアサービスを営んでいます。)

2階がホスピスになっていて、個室が8部屋。キッチンで作られる手作りのご飯が評判だそうです。オープンしてまだ1週間だというのに、ほぼ満室です。


私が関わるのは、1階のサロンです。

 

 

中庭を通り抜ける風がここちよいです🍃

部屋にはステンドグラスが素敵な個室が用意されており、個別のグリーフカウンセリングが必要な方は、こちらで受けることができるようになっています。

 

 

なんとピアノまで(*˘︶˘*).。.:*♡
私にできる、数少ないもののひとつ。
音楽で元気になってもらえれば嬉しいです♫

 

まずは近日、キャンドルワークショップを開催いたします。
Be-ingの専属キャンドルクリエーターの愛さんと応援に駆けつけます💨

今まで一人で頑張ってきました。
やっと仲間ができたこと。
私のやってきたことの経験が活かされる場ができたこと。
そして、なかなかこの日本には根付かないグリーフケアの活動を、共に頑張ることのできる同士ができたことに感謝しています(*^^*)

玉置さんの講演会ですが、すでに定員の半数を超えるお申込みを頂戴しております。引き続き、準備を整えてまいります!!

玉置妙憂さん特別講演開催のお知らせ

こんにちは!高尾です(^^♪

今日は、ちょっと夏に戻ったような汗ばむ1日でした(^_^;)
そんな、夏の残像のような日差しの中、講演会会場の下見に行ってまいりました。とても素晴らしい環境で皆様をお迎えできることを、大変嬉しく思っております(*^^*)

そうです!そうなんです!!

昨年3月に開催予定だった講演会が、未知の感染症「コロナ」の感染拡大防止のために5月に延期となり、その後、初めての緊急事態宣言が発令されたために、結局中止となってしまいました(T_T)
泣く泣く中止のご連絡を差し上げた際に、多くの方々から「是非、またいつか開催してください。待っていますから。」との温かいお声をいただきました。
そして本年、玉置さんに再度講演を依頼させていただいたところ、快くお引き受けくださいました。

いよいよ、待ちに待った講演会の告知をさせていただける日がやってまいりました\(^o^)/(下の方に申込みフォームがあります)


今回、私の勤務先である新六本木クリニックの共催、大学院の恩師であり、精神科クリニックの院長でもあられる山田和夫先生の後援という、大変有り難いご協力を得ての開催となります。

お申込みは、下記フォームよりお願いいたします。定員になり次第、受付を終了させていただきますことを予めご了承くださいませ。

    お目にかかれることを心待ちにしております(^^)/

    玉置妙憂さん再び✨告知間近(^^)/~~~

    こんばんは!高尾です(^^♪

    9月とは思えないような、涼しい日々が続きますね。
    過ぎてしまえば、今年の夏はなんだか不完全燃焼のような・・・そんな、暑かったような、そうでもなかったような、、、だった気がします^^;

    さて、今年の3月末にお知らせしておりました通り、昨年延期の末に中止となってしまった玉置妙憂さんの講演会が、来る10月30日(土)の13時より開催されます!会場探しに半年近くかかってしまいました💦、、、が、いよいよ告知まで秒読み段階に入りました!!後もう一息です(*^^*)
    近日中には詳細をお伝えできる予定ですので、参加ご希望の方は日程を確認の上、楽しみにお待ちください(^^)/