チャプレンとは✞

こんばんは!高尾です(^^♪

今日の敬老の日も雲ひとつないいいお天気でした☀
それにしても、「敬老」とは、いったい何歳くらいからの方を敬う日なのでしょうか?
孫が生まれたら自動的に「おばあちゃん」になるわけで、わたくし、なんだか微妙なお年頃のような気がしてなりません(^_^;)

先日、日赤医療センターの緩和ケアカンファレンスに参加しました。勤務先の新六本木クリニックのグリーフカウンセラーとして出席しましたが、私以外は医師か看護師さんたちばかり・・・やっぱり、グリーフケアはまだまだ医療関係者、しかも緩和ケアや終末医療に関わる方以外には、浸透していないようです。

講演してくださったのは、聖路加国際大学の名誉教授であり病院チャプレンでもあられる、ケビン・シーバー司祭でした。

チャプレンとは・・・
施設内にある、例えば病院や学校にある礼拝堂を「chapel」と呼び、街なかにあるものを「church」と呼ぶそうです。だから病院の中にあるchapelで礼拝を担当する牧師は「チャプレン」と呼ばれます。

では、病院チャプレンとは・・・
患者さんやご家族のスピリチュアルケアを専門とする聖職者のことをいいます。日本では「臨床宗教師」とも呼ばれています。
欧米医学界では当たり前の存在であるチャプレンですが、日本ではまだまだ知られていません。
彼らの役割は、布教や説教ではなく、患者さんやご家族のお話を傾聴し、スピリチュアルペインに取り組むことです。ここでは、相手を判断しないで受容する態度が求められます。
キリスト教圏の国々で始まったこの病院チャプレンですが、その後社会の多様化に従い、ユダヤ教、イスラム教、仏教などのチャプレンも増加していったそうです。日本でも、私が研究所時代に病院実習で行かせていただいた佼成会病院のように、ビハーラ僧がチャプレンとして入っているところもあります。

緩和ケアにおいては、人間のトータルな健康・健全性=well-beingは、スピリチュアルな側面抜きでは考えられないとされ、生きる意味や自己認識といったこのwell-beingを促進することを目指しています。

スピリチュアリティとは、我々人間が生まれながらに持つ、生きるためのエネルギー源のようなものだと私は捉えています。何ごとも起こらない日常の中では、特に意識されず無意識の世界に追いやられているこのスピリチュアリティが、大きなできごとに出くわした途端に蠢き始めるのです。「自分はなんのために生きているのか?」「自分の生きることの意味とは?」「こんなに辛いのに、どうして生きていかなければならないのか?」といった、今まで向き合ったことのないような問いかけが降り注いでくるのです。
このスピリチュアリティの蠢きにより、人生を支えるものを自分の中に探し求め、そこでたどり着いた自分らしい生き方や、死に様になにを求めるかに気づくことができるのです。

このように、死が間近に迫った患者さんにとってはとても重要な役割を担う病院チャプレンですが、その存在はいまだにあまり知られておらず、またスピリチュアルケアの重要性をご存知のかたもあまりいらっしゃらない、、、ということが、病院内でのスピリチュアルケアを難しいものにしているようです。

そこでいろんなことを考えさせられました。
司祭は、ケア師が足りないので「日本でも日本スピリチュアルケア学会が認定講座を持っているので、是非学んでもらいたい」とおっしゃっていましたが、研究所で学んだところで、聖職者でも医療関係者でもない私は、病院に入ることができないのです。きっと永遠に・・・残念ながら、やっぱりスピリチュアルケア・グリーフケアは聖職者に任せるしかないのかもしれない、、、という気持ちになってしまいました。

それでも、それでも私にできることがあるとしたら、それはいったい何なのか?
昨日出席した、黒丸先生のホリスティックコミュニケーション実践セミナーでいただいたヒントを手がかりに、今までとは少し違った視点でこれからのことを考えていきたいと思っています。

まずは、ひとりでも多くの方に「スピリチュアルケア/グリーフケア/セルフケア」を知っていただくためにできることから、あらためて!!
聖職者でないからこそできること、、、も、きっとあると信じて(*^^*)

ミニボンボンキャンドル(*˘︶˘*).。.:*♡

こんばんは!高尾です(^^♪

台風一過の、本当に雲ひとつない気持ちのいいお天気でした!
夜空にポワンと浮かぶ月は、21日の中秋の名月に向けて、ぷっくりとふくらんでいます🌕

 

何故か台風に見舞われることの多いキャンドルワークショップ🌀
昨日のワークショップも、連日天気予報とにらめっこでしたが、懸念していたような事態に陥ることもなく、しかもお帰りいただく頃には雨も上がり、無事に開催することができました(^^)/~~~


前日に準備を整えておきました。

 

ai先生も準備万端!

ソイキャンドルに初挑戦です💪

ソイキャンドルは、大豆からできた植物性油が原料で、パラフィン(石油由来)や蜜蝋と比べると融点が低く、火を灯すとキャンドル全体が溶けていきます。
パラフィンワックスのキャンドルと比べると、火が消えるときのススが出にくかったり、100%ピュアなソイワックスだと有害物質を含まないので、身体に優しいキャンドルと言われています。

ただ、温度管理がとても難しく、100度を超えてしまうとスカスカになってしまったり、冷やしすぎると割れてしまったりするので、今回はai先生にとっては、緊張の連続のワークショップになりそうです。


色を選んで、溶かしたソイワックスに着色していきます。
ほんの少しずつ混ぜながら、好みの色に近づけていきます。
かけらほどの粒1つでさえも、ぱぁ〜っと色が変化していきます。

難しいけどすごく楽しい^^

 

 

型に流し込み、ゆっくり室温になじませていきます。

 

 


今回の絵本の朗読は「ひだまり」。文も絵も「あかり」と同じ作者です。
優しいタッチの絵と、ほんわかジ〜ンキュ〜〜ンじんわりの温かいものがたり。
15分の長編ですが、みなさんじっと聴き入ってくださいました。

 

その間に温度の下がったボンボンたちを、最後に少しだけ冷蔵庫に入れて、しっかり固めます。
フルーツの皮をむくようにめくると、ツルンと赤ちゃんのお尻のようなキャンドルが生まれます。

  
パステルカラーが目にも優しく、歓声が上がりました\(^o^)/

 

今回のお土産は、そろそろ季節到来・・・のマロンです🌰

可愛くラッピングして自分へのプレゼント✨

キャンドルを灯して、マロンパイとマロンティー(๑´ڡ`๑)を味わう、素敵なひとときをお過ごしください(*˘︶˘*).。.:*♡

 

今回も、みなさん子供のように歓声をあげたり、あーでもないこーでもないと色つけを楽しんだり、日常生活でのあれやらこれやらをちょっと脇に置いて、存分に楽しんでいただけました。こんな素敵時間を、普段頑張っているご自分へ、時々プレゼントしてさし上げましょうね。

次回は11月20日(土)です。クリスマスに向けての「スノーキャンドル」を2種類作ります。どうぞお楽しみに!!

9月25日(土)に先日ご紹介した友人のサロンで、「てごねキャンドルワークショップ」を開催することとなりました。今回日程が合わなかった方、メールをいただけましたら詳細をご案内いたします。JRおよび京成線の金町駅より徒歩8分ほどのサロンになります。3名ほどの募集となりますので、ご希望の方は早めにご連絡いただけたらと思います。お待ちしています(^^)/

夢をかたちに

こんばんは!高尾です(^^♪

ムシムシと湿度の高い日が続きます。なんだか気持ちまでもが、ジメジメとしてきてしまいます💦💦
そんな時は、自分をいたわり整えることがとても大事!
ということで、昨日かねてから行きたかった「一般社団法人セルフケア・ネットワーク」さん主催のセルフケアワークショップに参加してきました(^^)/

今月のセルフケアは、中秋の名月にちなんで「兎の折り紙とお抹茶」です。
折り紙を丁寧に折って兎を作り、自分で茶筅を使ってお抹茶を立てました。久しぶりにいただいたお抹茶と和菓子。なんともいえない、ほっこり感に包まれました。

実はその前に、ある場所を訪問してまいりました。

グリーフケア研究所時代の同級生が、かねてからの夢だったハウスホスピスをオープンさせました\(^o^)/(友人はここのオーナーです。ウッディの方は、ここを間借りして、ハウスホスピスとデイケアサービスを営んでいます。)

2階がホスピスになっていて、個室が8部屋。キッチンで作られる手作りのご飯が評判だそうです。オープンしてまだ1週間だというのに、ほぼ満室です。


私が関わるのは、1階のサロンです。

 

 

中庭を通り抜ける風がここちよいです🍃

部屋にはステンドグラスが素敵な個室が用意されており、個別のグリーフカウンセリングが必要な方は、こちらで受けることができるようになっています。

 

 

なんとピアノまで(*˘︶˘*).。.:*♡
私にできる、数少ないもののひとつ。
音楽で元気になってもらえれば嬉しいです♫

 

まずは近日、キャンドルワークショップを開催いたします。
Be-ingの専属キャンドルクリエーターの愛さんと応援に駆けつけます💨

今まで一人で頑張ってきました。
やっと仲間ができたこと。
私のやってきたことの経験が活かされる場ができたこと。
そして、なかなかこの日本には根付かないグリーフケアの活動を、共に頑張ることのできる同士ができたことに感謝しています(*^^*)

玉置さんの講演会ですが、すでに定員の半数を超えるお申込みを頂戴しております。引き続き、準備を整えてまいります!!

玉置妙憂さん特別講演開催のお知らせ

こんにちは!高尾です(^^♪

今日は、ちょっと夏に戻ったような汗ばむ1日でした(^_^;)
そんな、夏の残像のような日差しの中、講演会会場の下見に行ってまいりました。とても素晴らしい環境で皆様をお迎えできることを、大変嬉しく思っております(*^^*)

そうです!そうなんです!!

昨年3月に開催予定だった講演会が、未知の感染症「コロナ」の感染拡大防止のために5月に延期となり、その後、初めての緊急事態宣言が発令されたために、結局中止となってしまいました(T_T)
泣く泣く中止のご連絡を差し上げた際に、多くの方々から「是非、またいつか開催してください。待っていますから。」との温かいお声をいただきました。
そして本年、玉置さんに再度講演を依頼させていただいたところ、快くお引き受けくださいました。

いよいよ、待ちに待った講演会の告知をさせていただける日がやってまいりました\(^o^)/(下の方に申込みフォームがあります)


今回、私の勤務先である新六本木クリニックの共催、大学院の恩師であり、精神科クリニックの院長でもあられる山田和夫先生の後援という、大変有り難いご協力を得ての開催となります。

お申込みは、下記フォームよりお願いいたします。定員になり次第、受付を終了させていただきますことを予めご了承くださいませ。

    お目にかかれることを心待ちにしております(^^)/

    玉置妙憂さん再び✨告知間近(^^)/~~~

    こんばんは!高尾です(^^♪

    9月とは思えないような、涼しい日々が続きますね。
    過ぎてしまえば、今年の夏はなんだか不完全燃焼のような・・・そんな、暑かったような、そうでもなかったような、、、だった気がします^^;

    さて、今年の3月末にお知らせしておりました通り、昨年延期の末に中止となってしまった玉置妙憂さんの講演会が、来る10月30日(土)の13時より開催されます!会場探しに半年近くかかってしまいました💦、、、が、いよいよ告知まで秒読み段階に入りました!!後もう一息です(*^^*)
    近日中には詳細をお伝えできる予定ですので、参加ご希望の方は日程を確認の上、楽しみにお待ちください(^^)/

    古巣にちょっとだけもどります(*^^*)

    こんばんは!高尾です(^^♪

    オリパラ甲子園、緊急事態宣言にワクチン接種、、、いろいろあった8月も終わります。
    猛暑に長雨、そして厳しい残暑、と、とっても生きづらい夏でした。この生きづらさが、少しずつ少しずつ人のこころを蝕んでいくのかもしれません。私自身、withコロナの先の見えない不安感が自分自身に投影されてしまい、自分がどこに向かっているのか、本当はなにをやりたいのか、などなど、いろいろと思いを巡らす夏となりました。

    そんな時、7年ほど前に1年半あまり働いていた地元のクリニックから、戻ってきてもらえないか・・・と声をかけてもらいました。当時、パワハラが蔓延する職場でした。私が入社する前から何人もの人が辞め、私が退職してからも何人もの人が傷つき辞めていったそうです。私も例外ではなく、いまだに駅のホームからそのクリニックを見るだけで、胸がバクバクしてしまうくらいの思いをしました。でも、そこでの経験が、今のクリニックへの橋渡しになったのも事実なのですが。。。
    今回、そのパワハラ社員が辞めさせられることになり、その腹いせに何人もの事務員を引き連れていったため、急遽呼び戻されることになりました。
    とはいえ、ちょっとだけ・・・ですが。。。

    そして、久しぶりに履歴書を出すことになり、このクリニックを辞めてからの5年半という日々を顧みる機会となりました。Be-ingを立ち上げ、大学院で死生学を学び、修論を書き上げ、グリーフケアという形で、学んだことを社会に還元していく。でもそれは、今の日本ではなかなか受け容れてはもらえない、高いハードルが目の前にたちはだかる日々でした。
    今日久しぶりに古巣で働いていると、グリーフケアの勉強をしてきた日々が嘘のように思えてきました。きっと、グリーフケアに関わる以前の自分が蘇ってきたからだと思います。

    さて、これからどうしたいのか、どうなりたいのか、本当はなにをやりたいのか、グリーフケアは本当に必要とされているのか、を、せっかくもらったリセットのチャンスなので、ゆっくりじっくりと考え直してみたいと思います(*^^*)

    今日が最後のご案内になりますが、『ミニボンボンキャンドルワークショップ』是非、ご参加くださいませ(^^)/~~~

     

    ミニボンボンキャンドル 後3名さま!!

    こんにちは!高尾です(^^♪

    暑さがぶり返して、外を歩くだけで頭がクラクラしてしまいます(-_-;)
    最近、週に3回ほど運動するようになって汗をかきやすい体質になったのか、すぐに汗が吹き出してきてしまいます💦💦
    コロナも怖いですが、熱中症も命を奪われる恐ろしい病気なので、感染予防をしながらの水分補給を心がけようと思っています。

    さて、先日お知らせいたしました「ミニボンボンキャンドルワークショップ」ですが、本日現在、後3名さま大丈夫です👌
    開催予定の18日には、恐らく緊急事態宣言も解除されているのではないかと思われますので、今のところは開催の準備を進めております。
    そして、その頃には季節も進み、少し秋の気配が感じられるのではないかと思います。尋常ではない暑さ、長雨、五輪、コロナ、熱中症・・・と、ざわついた夏が終わろうとしております。しっかりとこころを整えて、スッキリしっとりと秋を迎えませんか?
    どうぞラスト3席、初めての方もリピーターの方も、遠慮なくお申し込みくださいませ(*^^*)  お土産用のお茶菓子とお紅茶、とびっきり美味しいものをお選びして、お待ちしております(๑´ڡ`๑)


    キュートなボンボンキャンドルと絵本deカフェ。
    今回は、最後まで読み切ることができるかどうか不安でいっぱいの「ひだまり」初登場です。

    基本に立ち返る

    こんばんは!高尾です(^^♪

    本日2回目のワクチン接種が終了しました💉すでに腕が痛く、倦怠感に包まれています^^;
    アルバイト先の企業でも職域接種が進められています。勤務先のクリニックの院長が産業医なので、MRさんに注射針と消毒綿を大量に持ってきていただき、使用済みの医療廃棄物は専門業者さんに都度回収に来てもらっています。精神科なので、インフルエンザの予防接種以外ではめったに出ない医療廃棄物ですが、コロナのワクチン接種でいつもの何倍もの廃棄物が出ているそうで、毎回汗だくになって回収に来てくださる業者さんには、頭の下がる思いです。
    明日には発熱することがわかっているというのもなんとも言えない嫌な気分ですが、明後日にはケロッと回復することもわかっているので、明日一日静かに過ごそうと思います。

     

    さて、先日ブラッシュアップセミナーに参加してきました。

    今月末から始まる「ホリコミ実践セミナー」に先立って、復習がメインのセミナーです。
    Be-ingを始めてすぐの頃に初参加したセミナーですが、その後も何度も再受講させてもらい、その奥の深さに参加する度、目からウロコのセミナーです。

    デモあり、3人ワークあり、、、の充実した内容で、ナラティブの重要性や質問力の持つパワーに、あらためて感銘を受けました。質問力よって、クライアントさんの気づきが次々と明確になっていく様子を目の当たりにして、クライアントさん独自のナラティブストーリーを引き出していくためには、やはり質の高い質問力が欠かせない、ということを学び直しました。しかし、そのことがわかっていても、実践するのは実に難しい(-_-;) お話を聴きながら、なにを質問したらよいのかを瞬時に判断していくことは、何度も何度も経験を積んでいくしかないのかもしれません。

    そしてさらに、ここに集った仲間たちは、再受講を何度も重ねているメンバーなので、自分の思いを語るという訓練を受けているのですが、初めてカウンセリングを受ける方々は、まず『語る』ということ自体が難しいのです。慣れていない、抵抗がある、恥ずかしい、変に思われるかもしれない、、、というような様々な思いが胸を過り、「ありのままの自分の思いを語る」ということは想像以上に難しくなってくるのです。その思いを少しずつ緩めていただきながら、クライアントさんの語りを中心とした「ナラティブ・アプローチ」を実践していけたら、その積み重ねが、第一歩を踏み出すお手伝いとなるのではないかと実感しました。

    今月末から4ヶ月間、さらなるブラッシュアップを目指し、たくさん失敗を繰り返しながらも、私自身も迷いを吹き飛ばせるような一歩を踏み出したいと思います(*^^*)


    ご先祖様をお迎えする準備も整いました。

    我が家の仏壇には、新盆を迎える義母を始め、私の祖父母、両方の両親のご位牌が所狭しと並んでいます。
    皆が無事に帰ってこられるように、ビタミンカラーのひまわりとホオヅキでお出迎えです🌻

    『ミニボンボンキャンドル ワークショップ』開催します✨

    こんにちは!高尾です(^^♪

    台風の影響で、久しぶりにまとまった雨が降ったように思います。うだるような暑さも、ちょっと一息でしょうか・・・(^^)

     

     

    6月の『手ごねキャンドルワークショップ』では、皆さまそれぞれが想うままに、素敵な色合い、形のキャンドルをたくさん作っていただきました。

     

     

    さて、次回のワークショップでは、大豆waxを使った「ソイキャンドル」に初挑戦します!
    見た目にも優しいパステルカラーのミニボンボンキャンドルを、ai先生に教えていただきながら、おひとりさまそれぞれ5個ずつ作っていただきます。5個もあると、プレゼントにしたり、ご自分でもセルフケアタイムに灯したり、、、と、惜しみなくお使いいただけると思います。

    今回も、感染予防対策を万全にしてお迎えいたしますので、安心してご参加くださいませ。

    このキャンドルワークショップの主旨を物語ってくれている絵本として、毎回キャンドルの灯りの中で朗読させていただいているのが、林木林文&岡田千晶絵コンビの「あかり」です。このコンビが創り出した「ほっこり三部作」(と勝手に呼ばせていただいてます^^;)が、この「あかり」と「ひだまり」「こもれび」です。
    次回の朗読では「ひだまり」をご紹介したいと思います。

      

    最後まで無事に読み終えることができるかどうか。。。今のところ、1度も達成できていません(T_T)  そのくらい、胸に迫るものがあるものがたりです。
    絵本の朗読も合わせて、楽しみにしていただければと思います(*^^*)

    毎回、リピーターと初めての方半々くらいですので、初心者の方もどうぞご遠慮なくお申し込みください。


    本年最後となるワークショップは、11月20日(土)を予定しております。
    クリスマスシーズンに備えて、クリスマスカラーにピッタリの、真っ白い「スノーキャンドル」を作ります!!

     

    終わりの見えないコロナ時代を生きる我々の、ちょっと沈み込んだこころの風景に、小さな灯りがポッ🔥と灯ってくれることを祈りながら、ご連絡をお待ちしております(^^)/

    死を想う=よく生きる

    こんにちは!高尾です(^^♪

    台風がもたらす不穏な空模様🌀
    コロナの感染者もどんどんと増えてきて、こころの中も似たような状況(T_T)
    昼間の都心は人流が減る様子もなく、ヒタヒタとコロナがより身近に迫ってきている不安にかられます。
    ここは基本に立ち返って、自分と自分の周りの人を護るためにはどうしたらよいのかを考え直す必要がありそうです。

    先月の毎日新聞に、内科医の占部まりさんとジャーナリストの池上彰氏の対談が載っていました。

    占部医師は、2014年にお父様の最期を自宅で看取ったことをきっかけに、「死について、いろいろな角度から話す場所が必要なのでは」と感じ、2017年に『日本メメント・モリ協会』を設立されました。「メメント・モリ」とは、ラテン語で「死を想え」という意味だそうです。コロナの感染拡大で人の死がこれまでになく身近になった今、どのように死と向き合えばいいのかを考えていく、ということだそうです。そして、「コロナ渦では、深い意味で死を抱えている人がいると思うので、そういった人に手を差し伸べられる場所を作りたいのです」と。。。

    コロナ渦では、終末期の変化を家族が共有できず、人生の最終段階を家族と共に歩むことが非常に困難となっています。
    クライアントさんの中にも、大切な方の最期の時間を共に過ごせなかったことによって、グリーフをさらに深く感じられておられる方がいらっしゃいます。
    人生の最期を、大切な人、家族、友人と語り合ったり、たとえ言葉はなくとも、ただ傍らに寄り添ってもらったり・・・そういう貴重な時間が持てないということは、逝く人も遺される人も、その突然のお別れを受け止め、受け容れていくことを、とても難しいものにしてしまっています。それは、お互いに「死を想う」時間が持てなかったからではないでしょうか。

    だからこそ占部医師は、「死についていろいろな角度から話す場所が必要」だと感じられたのです。きっと、このコロナ渦であっても、その橋渡しはきっとできる、と感じられたのだと思います。

    池上氏によると、ペストではメメント・モリにまつわるいろいろな絵が描かれており、普通の人たちが楽しそうに生活している傍らで、骸骨が踊っているそうです。ペスト渦でも「私たちのすぐ横に実は死があるのだよ」ということを伝えているようだと。
    また、死を想うことがよりよい生を生きる、今の生を充実させていくということにつながる、とも語られています。奇跡的に命をとりとめたりした人が、自然の美しさを改めて感じることがあるように、そういう観察力が研ぎ澄まされるからかもしれないと。

    今、コロナ渦においても、今まで当たり前に思っていたことが当たり前でなくなり、実はそれらがとてもありがたいことだったということに気付かされています。その感謝の思いをこころに留めておくと、いつか少しずつ元の生活に戻れる日が来るとしたら、その時、とても人生が豊かになっていくのではないかと思うのです。辛いこと、悲しいこと、苦しいことがあったからこそ、今までとは少し違う色合いで、景色が見えてくるのかもしれません。

    占部医師は、「終わりがあるということを考えるのは、人生においてポジティブな効果もかなりあると思う」と語っておられ、池上氏の掲げた「死を想う=よく生きる」という思いに寄り添われました。それこそが、「メメント・モリ」に込められた思いだからなのかもしれません。

    彼女が、誰かに死について考えてもらうためにかける言葉は、「人生の最期に聴きたい音は何ですか?」だそうです。「楽しかった思い出や大切にしているものが浮かんで、心の中が温かくなりませんか」(毎日新聞2021/07/13掲載)

    以前にも、「どのような場所で最期を迎えたいか」ということを考えることがとても大切だということを発信したことがありますが、その時にも確か、どのような音楽を聴きながら最期の時を迎えたいか?という問いかけがありました。人間の聴覚は心臓が止まった後も残っているというエビデンスも出ているそうなので、この問いかけは自分の最期を想う時、とても大切なものになるのかもしれません。

    ♪「あなたが、人生の最期に聴きたい音は何ですか?」♪