ウラン(ヴァセリン)ガラス✨

こんばんは!高尾です(^^♪

今晩から明日の朝にかけて、「春の嵐」に見舞われるようですね🌀
外出禁止!!とニュースで言っていますが、出勤しなければならない人達(私もです💦)はどうすればいいのでしょうか・・・

今日は、我が家のお話。。。
今住んでいる家を建ててから、14年が過ぎました。
息子たちはまだ小学生で、小中高大学・・・とここから通いました。
ここに引っ越してきた時から我が家の一員となったワンコのマロンも、14歳を迎えすっかり老犬となりました。
人もワンコも歳を重ねましたが、家自体もそろそろ修繕の時期がやってきたようで。。。

ということで、来週から外壁・屋根の修繕と、屋内のリフォームが始まります。
お玄関からリビングにかけて、壁紙を珪藻土にしてもらいます。珪藻土は、湿度の調節や脱臭機能があるそうで、快適な生活が送れそうです(^_^)/

そこで、リフォームに合わせて、ダイニングテーブルの上の照明も新調することにしました!
家も、いい感じに歳をとってきたので、大好きなアンティークものを探してみました👀
で、数ある中から一目惚れしたものがコレッ!!

これは、ウランガラス(ヴァセリンガラス)といって、ガラスにウランを混ぜて作られた、黄色や緑色の色彩を持つ透明なガラスです。1830年代に製造され始め、ウランが原子力に利用されるようになる1940年代までの間にコップや花瓶、アクセサリーなどのガラス器が、ヨーロッパや米国で大量に製造されたそうです。
私が「ウラン」と聞いて思い出すのは、やっぱりキュリー夫人と鉄腕アトム、、、でしょうか…笑

                  電気をつけると、こんな感じ☆彡

そして、最大の特徴は、真っ暗闇な中で紫外線ランプ(いわゆるブラックライト)で照らすと、緑色に妖しく輝き蛍光を発するという点で、その不思議な輝きが人々を魅了してきたようです。

 こんな感じに妖しく光ります✨

ただ、現在では民間でウランを扱うことが難しいために、新たなものはほとんど作られていないそうで、文字通りアンティークの一品となったわけです。

     

新しいランプの元で、早くご飯を食べたいな〜〜〜と、ワクワクしながら完成の日を待ちたいと思います(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA