絵本の世界

こんばんは!高尾です(^^♪

こころに焼きついている絵本ってありますか?

子供の頃、大好きだった絵本のひとつに「ちいさい おうち」があります。
題目を聞くと、目の裏にはっきりと表紙の絵が浮かんできます。

銀座にある教文館で、この「ちいさい おうち」の展示会をやっています。

      

絵本って、その頃の自分の想い出がいっぱいつまっていて、表紙を開くと、懐かしさと共に、一気にいろんな思いが飛び出してきます。
玉手箱?宝石箱??みたいな感じでしょうか・・・

もうひとつ、忘れられない大好きな絵本をご紹介します(^_^)/

        
      「おやすみなさい フランシス」

胸がキュ〜ん!とするくらい、大好きでした(*˘︶˘*).。.:*♡

何かが気になって眠れないフランシス

 毛布がお化けに見えちゃう…

 風でたなびくカーテンだったり・・・

 窓に止まってる蛾だったり・・・

 でも、ビックリしてばかりで疲れちゃった…

途中、パパやママとのやり取りもあって、でもどうしてこんなに小さいのに、一人で寝なきゃならないのかな・・・と不思議でなりませんでした。
それでも、最後には「私のお仕事は寝ること」と、グッスリ(-_-)zzz
なんだか、私までホッとして、眠くなるのでした。。。

息子たちのお気に入りはこれ!

 なにはなくとも「おおきなかぶ」

そして・・・

「バーバパパ」セロテープにも年季が・・・

何度読み返しても、その都度、目をキラキラさせて聴き入っていました✨
絵本の世界は、冒険の世界なのかもしれません。
気がついたら絵本の世界の中に引き込まれていて、主人公と一緒にワクワクしたりドキドキしたり・・・
しかも、同じ場面でも、読み手によって、感じ方はそれぞれ。。。
だからこそ、それぞれがそれぞれの思いで、自由に冒険ができる世界!!
それが、いつまでも愛される所以なのかもしれません。

「絵本セラピー」というものがあります。
感じたことを言葉にしてみると、新たな発見があるのではないでしょうか(*^^*)

大好きな絵本、ありますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA