参加することに意義があった、、、はずなのに・・・

こんばんは!高尾です(^^♪

気がつくと、7月ももう終わり。
ほぼ、緊急事態宣言が出ずっぱりの東京ですが、ついに、スポーツの祭典「オリンピック」が始まってしまいました^^;
人流の抑制が効かないのか、六本木は人で溢れています。夏休み中の親子連れが目立ち、そして、外国の旅行者らしき人とすれ違うことも度々あります。
クリニックやカウンセリングサロンに出向く日は、毎回逃げるようにして帰ってきています(-_-;)

確かにオリンピックが開催されているのに、家に籠もっていろ、、、と言われることに違和感を感じる人も多いと思います。たとえ無観客にしても、会場の外に人が溢れていては、意味があるのだかどうだか・・・
人は善意だけで動けるはずもなく、そこに頼り切っている現状が、感染者の爆発的な増加に繋がっているように思えてなりませんが、実際はどうなのでしょうか。。。

その昔、『オリンピックは、参加することに意義がある!!』と言われていた時代がありました。参加するだけでも、素晴らしいことだったのです。
時代が変わったのでしょうが、ニュースは「本日獲得したメダルの数」にこだわり、金メダルをとった選手が突然英雄と化しています。いつのまにやら「金メダル至上主義」となり、銀メダルや銅メダルは「〜に終わりました」と表現されるようになりました。

♪ナンバー1にならなくてもいい〜♪
あれほど多くの人が口ずさんだはずなのに、スポーツって、やっぱりナンバー1にならなきゃならないのでしょうか・・・
私は、銀でも銅でも、すごく喜んでいる選手が素敵に思えてなりません。だって、「参加することに意義」があり、おまけにメダルまで手にすることができたのですから!!

グリーフケアも、「参加」ならぬ、『そこに存在すること』に意義がある、と私は考えています。
なにかをして称賛を浴びることではなく、そこに場所があり続けること、ケア師が居続けること、こそに意義があると思っています。
それは、「思い迷った時にはあそこに行けばいい」というお守りのような存在であり続けることです。簡単なようで、とても難しいです。
メダルはありませんが、来てくださる方々からいただく言葉の数々、取り戻した目の輝き、弾けるような笑顔、、、などなどが、ケア師にとっては、ずっしりと重いメダルなのです。

昨日も今日も、嬉しいメダルをかけていただきました。
「こうやって話を聴いてもらえるだけでも、自分は救われています。」
「こうやって話をするだけでもいろんな気づきがあり、生きていこうと思えるようになりました。」
ケア師がなにかをするわけではなくても、その場所に居続けることで救われる方がおられるのならば、たとえお一人でも、生きていくために救いを求めて来られる方がおられるのであれば、私はここに、この場所に居続けようと思います(*^^*)

体調を崩し、始めてPCR検査を受けました。幸い陰性でしたが、結果を聞くまでは不安でしかたがありませんでした。ワクチン接種1回目が終わりましたが、副反応が結構辛く、2回目接種に怯えています。
コロナだけでも、様々に渦巻く不安で溢れています。グリーフを抱えておられる方の苦しさは、いかばかりでしょうか。。。
緊急事態宣言が延長されましたが、金土ともにBe-ingは開いております。(人数制限はさせていただいております)
どうぞお一人で抱え込まずに、感染予防対策を万全にしてお越しください。お部屋の準備を整えて、お待ちしております(^^)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA