『ミモザ&オレンジキャンドルワークショップ』終了\(^o^)/

こんにちは!高尾です(^^♪

本日3度目の緊急事態宣言が東京に発令されました。
日常生活の中で見受けられる様々な光景の中で、「これ、感染するし、させるよね」と思わせるものがありますが、そういったひとつひとつの行いを、それぞれ各自が自覚を持ってあらためていく必要があると思います。

ある大きな大学がある都心の駅。そこの学生や社会人がマスクもせず、大声を張り上げながら路上飲みしたあげく、ゴミを巻き散らかして去っていった翌朝、おそらくは同じ大学であろう学生が、黙々とゴミ掃除をしている画像を観て、なんともいえない後味の悪さを感じました。

飲食の場での感染リスクが高いということは判明しています。しかし、我々から飲食を取り除くことはできません。であれば、それぞれが然るべき行動をとるしかないのです。もしも自分が感染した時、ケアをしてくれる場がないとしたら・・・というところに想像力を働かせれば、自ずと今自分のしなければならないこと、してはならないことが明らかになっていくと思います。もう「ひとごと」ではすまされないところまで、きてしまっているのではないでしょうか。。

さて、そのような厳しい状況下ではありますが、昨日『ミモザ&オレンジキャンドルワークショップ』を無事に終えることができました。開催自体危ぶまれましたが、飲食をしない、マスクを外さない、消毒・換気を徹底して行なう、会話は控える、90分以内で終わらせる、という条件下、ほぼ全員の方が予定通り来室くださいました。

席と席との距離も万全です。

ソファーや椅子の消毒も済ませました。

玄関と窓を全開にして換気の道筋を作り、空気清浄機、加湿器をフル回転して、ちょっとやかましいですが、そこはガマン、ガマン😣です。

   丁寧に・・・

 なんか、いい感じ!

アツアツを巻きつけると、だんだんキャンドルっぽくなってきました(^^)

最後にもう1度ドボン💧して、できあがり!!

 

 

 


ミモザの置き方やオレンジの切り方・向きなどがひとりひとり違っていて、同じようで同じものがひとつとしてないキャンドルたちが並びました。お部屋がパッと明るくなりました💡ミモザの黄色やオレンジのオレンジ色は、本当に見る者の気持ちを変えてくれます。その証拠に、みなさんの笑顔が弾けています(*^^*)

そして最後に、キャンドルに火を灯して、恒例の「絵本 de カフェ」。コロナ前は、ここで美味しいお紅茶とスイーツでさらにこころを緩めていただいていたのですが、これもまた、今はガマン、ガマン😣です(T_T)

スイーツもお紅茶もお持ち帰りでご用意しました🍰☕
『またお会いできることを願って』

 

それでも、気がつくと絵本の世界に引き込まれ、その言葉や絵のひとつひとつが、こころに響いてくるのでした。

 

何度読んでも、声に詰まってしまうくらいに、胸に迫ってくるものがたり✨このキャンドルワークショップのテーマが綴られている絵本、『あかり』です。
いい本との出会いは、人生をも変えてくれるのかもしれませんね(*^^*)

ウキウキとした足取りで帰っていかれる後ろ姿を見て、キャンドルのもつパワーや、何かを自分の手で作り上げることの達成感、そして、笑顔になれることの幸せ、、、をしみじみと感じることができました。
これからも、1人でも多くの方にこの幸せを経験していただくために、様々な企画を練ってまいりたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA