あやふやなグリーフ

こんにちは!高尾です(^^♪

台風13号が接近中です🌀
仕事は夕方からなので、帰宅時の暴風雨を覚悟して出かけます(。>﹏<。)

明日の午後からのワークショップは、ギリギリセーフでしょうか・・・
主催者の立場になってみると、関わっていただいている全ての方々の安全を考えながらの決断、なかなか難しいところです。

ちょうど8年前の今日、父の新盆の準備で実家に行き、室内で倒れている母を見つけました。用心深い母らしく、窓は全て施錠され、しかも猛暑の中、エアコンはつけられていませんでした。喉が渇いたのでしょうか、キッチンの冷蔵庫の手前で力尽きていました。

結局、亡くなった日も、亡くなった原因もわからないまま、恐らくは熱中症だということで、荼毘に付されました。
命日がわからない・・・というのは、なんだか人生をちゃんと終われなかったような気がしてしまいます。
原因がはっきりしない・・・というのも、なんだか腑に落ちません。
しかし、本当のことを知っているのは、母本人しかおりません。
だから、遺された者たちにとっては、答えの出ないあやふやな死であり、あやふやなグリーフを抱き続けることになってしまいました。

一人ひとりの人間には、その誕生から死に至るまでの歴史が刻まれます。産まれてくる場所も、死に方も、自分では選ぶことはできないけれども、その与えられたステージで精一杯生き切ることができたならば、それを人は「いい人生だった」と思えるのかもしれません。

母の「死の場面」だけを切り取ると、とても嫌な思いが溢れてきてしまいますが、でも、そこに至るまでの「人生」を思うと、嬉しいこと、悲しいこと、悲喜こもごものたくさんの物語りにあやどられたものであったのではないかと思えてくるのです。

でも、そう思えるようになるまでには、たくさんの時間がかかりました。
私の話に耳を傾けてくださる人、安心・安全な場所、時間・・・
たくさんの出逢いに支えられて、立ち上がることができたように思います。

今も、自分を丁寧にケアしながら、今度は私が、そのような人であり、場所でありたいと思って、このカフェで出逢いを待っています。

富士山頂から、友人が最高のプレゼントを送ってきてくれました(^_^)/
おすそ分けです♡

  

どんなひとにも、この朝日のような力=レジリエンスが秘められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA