初めての講師のお仕事

こんばんは!高尾です(^^♪

今日も暑い1日でしたね💦
我が家のマロンも暑さのせいか、嘔吐を繰り返しグッタリです(T_T)
病院で点滴をしてもらい、静かに横になっています。
心配です。。。

さて、今日は初めて、カウンセリングの講師の仕事をさせていただきました。

ロジャーズの「クライアント中心療法」や、「解決思考アプローチ」と呼ばれるカウンセリングの手法14項目をフルに盛り込んだ、すこ〜し無理のあるロールプレイのシナリオを準備し、10名の受講者の方々と共に学びました。
      
テキストも立派なものを準備していただきました!

アドバンスコースのご用意もあります(^_^)/

とてもわかりやすかった、とか、楽しかった、明日から早速仕事で使わせてもらいます、ちょっとだけ考え方を変えることができそう、、、などなど、たくさんの言葉を頂戴し、笑顔で帰っていただけました(^^)

1年がかりでテキストを準備し、90分におさまるように練習して臨みました。
クライアントさんと1対1で向き合う時とは異次元の、緊張感と達成感。
たくさんの方に、カウンセリングの基礎を学んでいただいたと同時に、自分自身の振り返りの勉強にもなりました。

みなさんに最後お伝えしたこと。

「人は癒やされてはじめて、どなたかを癒やすことができる」

そして、、、

「人は癒やすことでしか、癒やされない」(カール・ロジャーズ)

一見正反対のことを言っているようですが、実は同じことを言っているのです。
「癒やし」は、自分と自分以外のものとの間で、グルグルと循環しているということだと思います。

自分が癒やされ満たされると、その思いは外に向けて発せられ、様々なものを活性化します。活性化されたものは、最後には又自分に戻ってきて、更に癒やされ、満たされるということではないでしょうか。。。

カウンセリングの手法は、日常生活にも取り入れることができます。
みんなが、癒やし癒やされる世の中になりますように(*^^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA