古民家でヨガ&ライブ🎶

こんばんは!高尾です(^^♪

7月も半ばだというのに、太陽がほとんど顔を見せてくれない日々が続きます☂
涼しくてありがたいけど、でもこのまとわりつくような湿度に、そろそろ身体が悲鳴をあげそうです💦

ということで、今日は心身ともにリラックスしたくて、こんなイベントに参加してみました!

先日のキャンドルワークショップで講師をしていただいたaiさんと、昨年のワークショップでお世話になった薬膳茶のさつきさん、そして初めてお目にかかる、ボサノバ奏者の近田ゆうきさん。
場所は目白駅から歩いて5分ほどの場所にある「ゆうど」という古民家です。
 大通りから1本入っただけなのに、この佇まい
 aiさんお手製のキャンドルが並びます

昭和というより、明治の佇まいのお部屋にヨガマットを敷き、風情たっぷりのお庭を眺めます。硝子作家の方のランプとaiさんお手製のキャンドルの優しい灯りが目にも優しいです。

ボサノバのギターライブをBGMに、なんとも贅沢なヨガタイム。aiさんの優しい声が、耳に心地いいです。ヨガはほぼほぼ初心者の私も、身体のあちらこちらのこわばった筋肉や筋をゆったりと伸ばしていく内に、いつの間にやら身体もこころも緩んできました。普段はあまり意識することのない呼吸。「すってー、はいてー」を意識すると、身体の中をなにかが通り抜けるのを感じます。最後には、一瞬気が遠くなりそうな睡魔におそわれつつも、心地よさに包まれてポカポカ気分になりました(*^^*)
この古民家には井戸があって、「ゆうどのおみず」と呼ばれています。そのお水をヨガの間にいただくと、全身に染み渡るような感じがしました。

ヨガのあとには、その「ゆうどのおみず」でさつきさんが入れてくださった「薬膳茶」が振る舞われました。レモングラスの香りが爽やかな、夏にピッタリの美味しいお茶でした(๑´ڡ`๑)

 

 

 キャンドルに火が灯されました

ガラスのライトとキャンドルのオレンジ色の炎のゆらぎをバックに、近田さんの演奏が始まりました。
私はヨガマットの上でお茶をいただきながら、ボサノバのゆったリズムと、彼女の力みのないゆるゆるとしたヴォーカルにうっとりと聴き入ってしまいました🎶

彼女の特技は「四つ葉のクローバーをみつけること」だそうで、今回aiさんとのコラボで、「四葉キャンドル」が誕生したそうです。

 

さっそく、我が家のキャンドルコーナーに仲間入り!

 

からだとこころはつながってるんだな・・・と今日も感じました。
からだがほぐれて緩んでくると、なんだか気持ちまで緊張がほどけてくるのです。
自分の呼吸に意識を集中することで頭がスッキリして、なんだかやる気が出てきます。気持ちが前向きになるだけで、緩やかにこころがほぐれてきます。

セルフコーピングを少し意識すると、このストレッサーにはこのセルフケア、、といったように、自分で少しずつコントロールができるようになれます。ストレスはどんなに頑張ってもなくならないかもしれないから、それなら、その現実に立ち向かうケアを意識することが、こころが楽になれる近道かもしれません。

ヨガマット担いで参加したかいがありました!
日常の中で、ほんの2〜30分でもいいから、自分を労り、自分だけのための時間を過ごしてみようと思います(^_^)/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA