少し立ち止まります

こんばんは!高尾です(^^♪

少しずつ湘南の地の準備も進んでまいりましたので、いよいよ次は、グリーフケアの内容やシステムの見直しに入っていきたいと思っております。こちらもまた時間が必要となりそうです。
加えて、オミクロン株の感染状況も芳しくなく、都内に緊急事態宣言が発令される可能性もあるかもしれませんので、今月のグリーフケアは全てお休みとさせていただきます。

システムの見直しの大きな改善点は、オンライン・グリーフカウンセリングの導入です。本来でしたら初回は対面をお願いしておりましたが、コロナの時代となり、様々な場面にオンラインが導入され、私自身も体験してみる機会がありました。実際に体験してみて、外出や人と会うことに躊躇してしまう今の時代、オンラインはデメリットよりもメリットの方が勝っているように感じられました。コロナだから・・・と、つらい思いに蓋をしてしまうくらいなら、多少の不安を抱えつつも、ちゃんと気持ちを言葉にして話した方が、光は見えてくるかもしれないと思うのです。
もちろん、会ったことのないケア師にいきなり画面越しに話をすることは困難を伴うかもしれませんが、その不安を少しでも払拭していただけるよう始めたこのブログでもありますので、じっくりと読んでいただき、この人になら話してみようかな、、、と思われたならば、オンラインから始めてみるのもいいのではないかと思います(*^^*)
そのシステムを導入し整えていくためにも、多少のお時間をいただきたいと思いますm(_ _)m

内容の見直しとしては・・・
グリーフカウンセリングは、1回で終わることができるケースはほとんどありません。何度も何度も足を運んでいただかなければならないケースがたくさんあります。そのためには、「また来てみたい」と感じていただかなければなりません。グリーフケアの概念を超えて、クライアントさんにとって本当に必要とされているものをご提供できなければならないと思うのです。今まで培ってきたものを礎として、視点を少し変えることによって「本当に求められているものはなにか?」を追求していきたいと思います。
こちらも、少し時間がかかるかもしれませんm(_ _)m
それでも、1日でも早く全てを整えて、皆さまを新生Be-ingにお招きできるよう頑張ってみようと思います。

今年こそはグリーフケアに行ってみよう!と思われていた方々には大変申し訳ないのですが、しばらくの間お待ちいただければと思います。
再来の方は、オンラインではご予約が取れないようになっておりますので、ご面倒をおかけいたしますが、info@grief-cafe.comまでご連絡いただけましたら、オンライン・グリーフカウンセリングのご案内を差し上げます。
ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

本年3月1日、Be-ingは設立6年目に入ります。丸5年が経ちますが、そのうち丸々2年はコロナに翻弄されました(T_T)
でも、コロナで時が止まってしまったからこそ、気づけることもたくさんありました。ひとつのできごとを様々な角度から見つめてみると、今まで気づけなかったものが見えてくることがあります。コロナも然り。グリーフもまた然り。。。

ときには立ち止まって、本当に大切であり、必要なものを探していきたいと思います。
しばし、お待ちくださいませ(*˘︶˘*).。.:*♡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。