新人研修

こんばんは!高尾です(^^♪

4年ぶりの「新人研修」をしています^^;
試用期間中です。。。
今まで、たった一人で全ての仕事をこなしていたのですが、それは大変というよりは、超マイペースでいられる自由度の高い職場だったということがわかりました💦
新しい職場は、常に3人体制。
目の前にある仕事をさっさと片付けていた自分がまるで嘘のように、なんだかモタモタ、オロオロしてしまっています。
精神科の医療事務職はもう6年近くになるので、やらなければならないことはわかってはいるのですが、その方法=やりかたが、クリニックによって全然違うので、戸惑う私がいるのです(;_:)

六本木ではMacですが、大門ではWindows。キーの位置も感触も違い、Macの時のように、矢のようなスピードが出せません。もたついている自分に苛立ちながらも、覚えることが山のようにあり、めげてる時間もありません(T_T)

同じ仕事をこなすにしても、、、例えば、患者さんの保険証をスキャンしてPDFに落として、名前を付けてカルテに貼り付ける、、、という作業も、六本木でなら、サクサクと目をつむってでもできるのに、なんで、サクッとできないの〜〜と悲しくなってしまいます。
それでも3日目となった今日は、自然と身体が動くようにはなってきました。後はどう精度を上げていくか・・・

一人で仕事をするのと、複数でするのと、何が違って、何が難しいかと言うと、誰が見てもわかるように、誰にもわかりやすいように、仕事をすすめることなんだということがわかりました。
一人だと私がわかればいいわけなので、ちょっと後で、とか、これ先にやっちゃおう、とかできるのですが、何人かいると、やっぱり流れが大事だし、自分のやっていることが可視化できるよう努力しなければならないのだと思います。

一人だとミスをしても、それを直すのは自分なのであまり気になりませんが、ひとさまにやり直してもらうとなると、気がひけます。だからやっぱり緊張してしまうし、1日中「すみません、すみません」と言っているようにも思います。

でも、3日目にして思うのは、人はやっぱり人と一緒に働かないと人間力を失ってしまうのかな・・・ということ。緊張も、ごめんなさいも、ちょっとしたおしゃべりも、やっぱり人間には大切なことなんだということ。相手がいるからこそ、こうありたい自分とか、こうなりたい自分とかが見えてくるのかもしれないな、、、などと感じています。

お昼ごはんを誰かと一緒に食べることのできる幸せとか、困った時に助けてくれる人のいる有り難さとか、お茶しながらお菓子を一緒につまんだ時の美味しさとか・・・
人間は、相手を幸せにすることもできるし、不幸のどん底に突き落とすこともできる不思議ないきものです。でも、そのあいだで生きているからこそ、こころの機微を読みとることができるようになって、一緒に泣いたり、笑ったりできるのかもしれませんね。

週に1度だけ、キビキビ、チャッチャッと動ける自分だけの職場に戻ります。両方のいいとこ取りをしながら、変化に富んだいろんな自分を発見していきたいと思います。

 今年も家族とともに誕生会🎂
元気で迎えられたことに感謝です。

 

いくつになっても・・・(๑´ڡ`๑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA