自分にできることを!

こんばんは!高尾です(^^♪

玉置さんの講演会を終えてから10日ほどが過ぎましたが、「いまだ余韻にひたってます・・・」というメールが届いています(^^)
あの会場、あの日の天気、あの見晴らし、あの時あの場所でご一緒できた方々、、、だったからこそ、様々な要因が重なり合い、そして、玉置さんのあのなんともいえない、軽快でありながらこころにずっしりと響くお話しぶりに包まれ、清々しい瞑想の時間を共に過ごせたことが、心地よい余韻となって、皆さまに豊かな時間をもたらしてくれたのではないかと、私もとても幸せな気持ちになっております。

1番後ろの席から、背筋をピン!と伸ばし、お話に聴き入っておられる皆さまの背中を拝見し、やはり人々の魂を引きつける、スピリチュアルな力を持たれる方こそが、このような形で「グリーフケア」「セルフケア」を啓発されることに意味があるのではないだろうか、と感じました。

きっと、私には私にできる何かがあるのだと思います。そこをきちんと住み分けをして、それでも少しずつ重なり合うものがあって、繋がりながら大きな輪となっていくことができればいいのにな、、、という気持ちが大きくなっています。

ひとつには、なんとなく小難しいと思われがちな「グリーフ」というものを、もっとわかりやすく身近なものとして、少し手を伸ばせば届くくらいの場所に置いてもらいたいということ。
誰しも自分の死は、自分の生の中では1番遠いところにあるものです。遠いところにはあるけれども、それがいつ訪れるかなんて誰も知り得ないのです。だからこそ、時に「死」について考えてみることは、そこまで続く「生」を大切にすることにつながるのです。

そして、玉置さんもとても大事なことだと話してくださった「自利を満たす」ということ。簡単なようで実に難しい。でも、実に難しいからこそ、あれやらこれやら・・・と日々探し求めていきたいものでもあるのです。自分ひとりでは難しいことも、誰かの手を借りると案外見つけやすくなるかもしれません。

自分にできることはきっと限られてはいるけれども、それでもそれをきちんと伝えるということ、その努力を続けていくことが、今の自分にできることなのではないだろうか、などと思いを巡らせております。

只今、ポインセチア育成中です(*^^*)
クリスマスシーズンになると真っ赤に色づくポインセチアも、今はまだまだ緑色です。
毎日、夜の7時から朝の9時まで、真っ暗な場所に閉じ込めて光を遮っています。
それでも新芽が育ち、その新しい葉っぱから赤く染まっていきます。
そして、下の葉っぱもどんどん赤くなり、真ん中に黄色い花がついたら短日作業も完了です。

全ての葉っぱが赤く染まる頃には、きっとクリスマスを迎えるのだと思います🎄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA