癒しのジェラート(๑´ڡ`๑)

こんばんは!高尾です(^^♪

東京も開花宣言されましたね🌸
今日の日差しで、さらに蕾がふくらんだのではないかと思います。
お花見シーズンの到来です!

お花見の名所のひとつでもある中目黒で、今日は「カウンセリングメソッド」の講師をさせていただきました。
昨年の夏にここで紹介させていただいた、ジェラートのお店の上階でのセミナーでした。

お花見には少し早い(二分咲きくらい?)週末ではありましたが、それでも目黒川にはたくさんの方がお花見に来られていました。歩くと日差しが温かく、今日は絶好のジェラート日和☼お店の中は、そんなお客様で溢れていました。

セミナーは、主にセラピストさん向けのもので、身体とこころは繋がっていること、「身体の治癒力」と「心の治癒力」を引き出すために、セラピストとしてできること、を中心に、ロールプレイも織り交ぜながら進めていきました。
クライアントさんの意識下にある問題だけではなく、無意識下・潜在意識下に潜んでいる、ご本人も気づかれていなかった思いを掘り起こすことで、本来向き合うべき問題を浮き彫りにしていきます。
本日お話しした「解決思考アプローチ法」とは、ただ単に原因を探るのではなく、苦しい思いの中でも「できていたこと」に目を向け、今の自分に「このくらいからならできそうなこと」を見つけていく方法です。
皆さま、メモを取ったり、頷いたりしながら、熱心に話を聴いてくださいました。

グリーフ・ケアも、このカウンセリング手法が基本となります。クライアントさんの気持ちに寄り添いながら、ご自身の中で眠っている「レジリエンス」を引き出すお手伝いをさせていただくことになります。

自分と向き合う時間を持つことの大切さも学んでいただきました。
癒しには、
人は癒やされてはじめて癒やすことができる
癒やすことでしか癒やされないこともある
という両局面を持っています。
どちらが先か?という問題ではなく、癒しのもつ独特のパワーを感じていただきたいということをお伝えしました。

病み上がりの身、9日の上智での発表に続いてのプレゼンテーションは、準備の時間も短く、ちょっとこたえました(~_~;)
で、今日の私の癒しは、ご褒美ジェラート🍦
 トーン・テレヘン作「ハリネズミの願い」
自分のハリが大嫌いで、森のお友達とうまくつきあえない、孤独なハリネズミのお話を読みながらの、ほうじ茶/ピスタチオのジャラートとレモンジンジャーのハーブティー(*˘︶˘*).。.:*♡
社長さんの心づかいが細部まで行き届いたお店はとっても居心地がよく、手にした小説の世界に心地よく入り込むことができました(*^^*)

誰にも邪魔されない贅沢な時間。。。。明日からまた頑張れそうです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA