🎄クリスマス・ファミリーコンサート🎶

こんばんは!高尾です(^^♪

いよいよファミリーコンサート当日となりました。
お天気もよく、暖かくなりそうな予感・・・

リハーサルはいつもとなんだか雰囲気がちょっと違う💦なんだかみんな焦ってる様子^^;最後のレッスンでは暗譜できていたはずなのに・・・
で、オロオロしている生徒たちに伝えたことは、「今日までみんなすごく頑張った!学校や部活で忙しい中、本当によく練習した!!だから、間違っても構わないから、みんなで一緒に楽しもう(*^^*)」ということ。少し笑顔になったところで、いよいよ開演です🎶

最初は絵本の朗読です。

みんな、落ち着いて一言一言、言葉を大切に、読み進めていきました。

BGMもそれぞれの場面に合わせて3曲準備。
朗読のスピードに合わせながら、うまくつないでいきます。

小さいお子さんも見入って聴いてくれました。

それぞれの感じたところで歌詞を朗読をしてからの「いのちの詩」4曲も、ご家族の方々が頷きながら聴いてくださっていました。「歌うように演奏しようね」といつも生徒たちには伝えているのですが、その思いが伝わっていくのが隣に座って一緒に演奏していて感じられる、ちょっとウルウルする時間でした。

 

ピアノ、チェロ、ヴァイオリン、オーボエ、キーボード

クリスマスキャロル「Silent Night」。
演奏後には、客席から「おぉー」という声が!!

 
お楽しみのティータイム☕
今年のメニューは「(白)キクラゲゼリー」「練ごまプリン きなこソース」「タイ風スイートポテト」「ケークサレ」そして「紅茶のシュトーレン」
毎年恒例になってきたので、皆さま「今年はなんだろう(^o^)」とワクワクしながらホワイエの方に大移動です。アップルシナモンティーの香りが漂う中、おしゃべりを楽しみながら、美味しそうにアジアンスイーツを頬張っている姿を眺めているのも、又楽しい時間です。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、ラストは生徒4人による、2台ピアノ4人8手で賑やかにクリスマスソングを!!(リハの様子から)

 

今年は「ことばをこころで感じよう」ということで、ひとりひとりに朗読という課題を出してみました。驚くほどに気持ちを込めて読み上げられていく、心のこもった言葉の数々に、私自身も演奏に込める思いが深まっていくのを感じました。

そして、ずっと再現してみたかった、高校3年生の時に演じた「クリスマスキャロル」。ルカ、マタイの福音書のイエズス降誕の場面の朗読と聖歌。クリスマスの本当の意味を伝えたいという思いもありましたが、なによりもあの時に歌った歌をもう一度味わいたいという思いが強くありました。ほんの抜粋ではありましたが、パティシエとして参加してくれた中高時代の友人と、「今でも英語の歌詞、出てくるんだから凄いよね。」と、懐かしさに浸ることのできるひとときでもありました。

皆さんからいただいた薔薇の花束。とっても綺麗✨
構想を練り始めてから半年以上、本当に準備も練習も大変ではあるけれども、この花束に込められた様々な思いを受け止めて、そして励みとして、これからも大切なものを届け続けていきたいと思うことのできた、今年のコンサートでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA