ばら🌹バナ🌹薔薇🌹(*˘ī¸ļ˘*).īŊĄ.:*♡

こんばんはīŧéĢ˜å°žã§ã™(^^â™Ē

äģŠæ—Ĩはæ—ĨåˇŽã—ãŽåŧˇã„īŧ‘æ—Ĩでしたâ˜ŧ
もう、æ—Ĩ傘ãĒしãĢは外を歊けぞせん(īŊĄ>īš<īŊĄ)

äģŠæ—Ĩは、č¨Ē問グãƒĒãƒŧフã‚ĩポãƒŧトぎæ—Ĩです。
éš”é€ąã§ãŠåŽ…ã‚’č¨ĒねãĻいぞす。
æ—Ĩ頃ぎ寂しさをåŋ˜ã‚ŒãĻ、į´ æ•ĩãĒįŦ‘éĄ”ã§ã€ãŸãã•ã‚“ãŽãŠčŠąã‚’ã—ãĻいただいãĻいぞす。昭和懐かしい「čŒļéŖ˛ãŋ友達」ãŋたいãĒ感じです( ^^) _U~~

先æ—Ĩ、指先がしãŗれãĻいるとおãŖしゃãŖãĻいたぎで、äģŠæ—Ĩはã‚ĸロマハãƒŗドトãƒĒãƒŧãƒˆãƒĄãƒŗトをさせãĻいただきぞした。
腰į—›ãŽæ™‚ãĢマッã‚ĩãƒŧジをしãĻもらうことはあるけれおも、ã‚ĸロマは初めãĻ💓
ベãƒĢã‚Ŧãƒĸットとã‚ĒãƒŦãƒŗジをブãƒŦãƒŗドしãĻäŊœãŖたã‚ĒイãƒĢは、柑折įŗģぎ゚ッキãƒĒとしたいい匂い(*^^*)
ホットã‚ŋã‚ĒãƒĢで渊めたあと、一į”Ÿæ‡¸å‘ŊčŦ›įŋ’を受けãĻ、čĻšãˆãĻ、įˇ´įŋ’を重ねãĻきたトãƒĒãƒŧãƒˆãƒĄãƒŗトを受けãĻいただきぞした。

最初ãĢã‚ĒイãƒĢを䚗せた途įĢ¯ã€ã€Œæ°—æŒãĄã„ã„ã€œã€œã€ã¨č¨€ãŖãĻいただき、「あãĒたぎ手ぎ渊もりがåŋƒåœ°ã„いわ〜〜〜」ともãƒģãƒģãƒģ

į§ãŽæ‰‹ã‚’æ™‚ã€…æĄã‚ŠãĒãŒã‚‰ã€ã„ã¤ã‚‚ã‚ˆã‚ŠčŠąãŒåŧžãŋ、ã‚Ģã‚ĩã‚Ģã‚ĩだãŖãŸãŠč‚ŒãŒãŠã‚“ãŠã‚“ã‚ĸロマã‚ĒイãƒĢを吸いčžŧんでしãŖとりする感じをæē€å–ĢしãĻいただきぞした。

手と手。äŧã‚ã‚‹ãŦくもり。
いつだãŖたか、クãƒĒニックぎåĨŗåŒģさんãĢ渊めãĻもらãŖた時ぎ、あぎ厉å ĩ感を思いå‡ēしぞした。

「こういうこと、しãĻもらいたいäēē、い〜〜ãŖãąã„ã€ã„ã‚‹ã¨æ€ã†ã‚ã‚ˆã€

そうですよね。äēēとäēēã¨ãŽæ¸Šã‚‚ã‚ŠãŒæ„Ÿã˜ã‚‰ã‚ŒãŸã‚‰ã€å¯‚ã—ã•ã¨ã‹ã€ä¸åŽ‰ã¨ã‹ã€č‹›įĢ‹ãĄã¨ã‹ã€ãģã‚“ãŽã˛ã¨ã¨ãåŋ˜ã‚Œã‚‰ã‚Œãžã™ã‚ˆã­(^^)

「ぞた、æĨãĻãã ã•ã„ã­ã€‚ã€ã¨ã€ã¯ãĄãã‚Œã‚“ã°ã‹ã‚ŠãŽįŦ‘éĄ”ã§čĻ‹é€ãŖãĻいただき、į§ã‚‚ãĒんだかčģŊくãĒãŖたčļŗ取りで帰厅しぞした。

į™’されるといえばãƒģãƒģãƒģ

先æ—Ĩ、中å­Ļæ ĄäģĨæĨぎ友äēēが、おåē­ãŽč–”č–‡ãŒįļēéē—ãĢå’˛ã„ãŸã‹ã‚‰、
とåŖ°ã‚’かけãĻくれぞした。

   

毎朝ぎお手å…ĨれはãĒんとīŧ“時間īŧīŧæ„›æƒ…たãŖãˇã‚ŠãĢ育ãĻられた
č–”č–‡ãŸãĄã¯æœŦåŊ“ãĢįļēéē—✨

   

それぞれが、čŠŗしいéĻ™ã‚Šã‚’攞ãŖãĻいぞす(*˘ī¸ļ˘*).īŊĄ.:*♡

   

æœ€åžŒãŽãŠčŠąã¯ã€Œã‚šã‚¤ãƒˆãƒ”ãƒŧ」こんãĒãĩうãĢå’˛ããŽã§ã™ã­(^^)

ãŠčŠąãĢå›˛ãžã‚ŒãŸã€ãƒ†ãƒŠã‚šãŽãƒ†ãƒŧブãƒĢでぎお喋りãĢも更ãĢčŠąãŒå’˛ãäšąã‚Œã€åŋƒį™’される嚸せãĒ時間でした🌹

ã‚ŗãƒĄãƒŗトを掋す

ãƒĄãƒŧãƒĢã‚ĸドãƒŦ゚がå…Ŧ開されることはありぞせん。 * がäģ˜ã„ãĻいるæŦ„はåŋ…須項į›Žã§ã™

CAPTCHA