ホリコミセミナー in 金沢

こんにちは!高尾です(^^♪

金曜日は元ちゃんハウスでしたが、土日は「ホリスティックコミュニケーション」主催のセミナーが、あの「近江町市場」のコニュニティー広場の1室で開催されるということで、そちらにも出席してきました。

セミナーは午後からなので、せっかく前泊していた私は、午前中にひがし茶屋街から兼六園までをぷらぷらと散策することにしました。

必要なセミナーだったので即申し込んだのですが、途中新幹線の窓から目に飛び込んで来たのは、紅葉に萌えるような山並みでした🍁
忙しさに季節も忘れていました💦思いもよらないオマケに、こころが浮き足立つのを覚え、迷わず兼六園へ!

 まずは、ひがし茶屋街
金沢は、戦時中に爆弾の投下をまぬがれたため、戦前の建物がたくさん残っているそうです。これは茶屋街に残る古い蔵の内部です。危険のないように耐震や内装の工事は施されていると思いますが、ひんやりとした空気感はそのままです。この季節、ホワイトクリスマスのオブジェがとても映えていました。

金沢にしてはとても暖かい日差しを浴び、少し汗ばみながら兼六園に向かいました。

 青空と相まって、紅葉の紅がとても綺麗です🍁

 黄色が入ると、さらに目を奪われます。

 落ち葉の絨毯も美しい(^^)

 雪吊りの準備も万端です!
しかし、雲行きがあやしくなってきて、突然の雨。
あれだけ「弁当忘れても傘忘れるな」と言われていたのに、朝の快晴に騙されました( ;  ; )

この後1度金沢駅に戻り、新鮮なお寿司をいただきました😋
案の定、市場はどこのお店も長蛇の列。食べておいてよかったです。

セミナーには各地から13人が集まりました。座学だけではなく、ワークショップもあり、今抱えている問題を、様々な人の意見や角度から見直すことができ、面白かったです。

今回初めて、民泊というかたちの宿に泊まりました。普通のマンションで、お隣には、当たり前ですが、普通に人が住んでおられるということでした。
ほぼほぼ初対面の方々との4人部屋。お一人は大阪、もうお一人は愛媛、そして同じ東京の方。どんな1夜になることやら・・・

夕食までの間に、ライトアップされた兼六園&城址後に行ってみよう!ということになり、再度出発!

 お昼間の雪吊りとはまた違った雰囲気

  水面への映り込み
目に映ったように撮れません(_ _).。
地元の方お薦めは城址後ということなので、混雑する兼六園は後にして、城址後の方からまわってみました。さすが地元情報!!息を呑むような光景が繰り広げられ、その幻想的な美しさに言葉もありませんでした。
兼六園もお昼間の顔とは違っていて、水面に映る光景がゆらゆらと揺れ、漆黒の世界に浮かび上がっていました。

夕食後には、何人かで銭湯に繰り出し、文字通りの「裸の付き合い」で、親交がさらに深まりました♨️
その後は皆さん、バタンキューでした。

翌2日目は朝ヨガに始まり、朝食後、勉強会が組まれていました。様々な業界の方々が集まっているので、それぞれの仕事を伝え合おう、、、という内容の勉強会でした。今回、発表の場をいただいていたので、しっかりと準備をして臨みました。グリーフに興味を持たれる方は多く、今回も食い入るようにお話を聞いていただき、中には「泣きそうになりました」と仰る方もおられました。
なかなか他のお仕事をされている方に聞いていただく機会もないので、時間をかけて準備してきた甲斐がありました(^_^)/

一通りのプログラムが終わったところで、私は上智でのシンポジウムに向けて、一足先に東京に戻りました。

いつもと違う空間で、いつもとは違うお仲間と、いつもと同じグリーフケアというものを見つめ直すいい時間でした。
美味しいものをたくさん食べて、美しいものを観て、たくさん喋って、バタンと寝る。。。これぞ、セルフケアの極意ではないだろうか・・・という3日間でした*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA