修士1年 無事終了!

こんばんは!高尾です(^^♪

本日の補講に出席して、修士1年が無事終了いたしました。

後期は、「神話学」「精神医学における生と死」と「修士論文指導ゼミ」の3講座を取りました。前期で取ってみて想像以上に大変だったので、7限目は取るのを辞めました。どんなに「やりたい!」という気持ちがあっても、自分にできることと、できないことがあるということを知りました。できないことを諦める勇気も、時には必要なのかもしれません。。。

大学院では、自分の考えや思い、やりたいことを、自分の言葉でちゃんと相手に伝えていかなければなりません。大学時代の勉強とは全く異なります。逆に、あの頃のような記憶力や体力はないので、ゼミ形式で1つのテーマを深く掘り下げていく今の授業は、とても新鮮で毎回のテーマが楽しみでもあります。

明日から長い春休みに入ります。
研究を進めていくとともに、休みの間は仕事の比重を重くして、より多くのクライアントさんとお話しができるようにしていきたいと思っています。既に、新規のご予約をたくさんいただいており、中には遥か遠くからいらしてくださる方もいらっしゃいます。スタッフとともに、温かくお迎えしたいと思っています(^_^)/

本日グリーフケア研究所より、「実践・研究発表会」のスケジュール表が届きました。今年は発表者が多いらしく、3つの分科会に分かれての発表になるようです。同期生の発表が約半数。卒業して丸3年が経ち、2年間の学びが少しずつ実を結び始めてきているようです。
同期の活躍ぶりを聴かせてもらうのを楽しみにしています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA