ちょっとティーブレイク☕

こんばんは!高尾です(^^♪

今日はしっとり雨の1日でした☂
先日のキャンドルワークショップでご用意したスイーツは、鎌倉小町にある『romi-unie』のレモンサブレ。
お店から、本日開催されるイベントのご案内をいただきました!!

以前、絵本の花束でもご紹介した『紅茶の絵本』の作者大西進さんの淹れてくださるお紅茶とromi-unieのスイーツのペアリング❤


鎌倉駅から20分ほど歩いた所に、こんな素敵なお宅が❣

 

 

ここです
ここです!!

 

美味しそうな焼き菓子にぴったり合うお紅茶を提案していただき、次回のワークショップに向けて準備を始めました。

たくさんんの紅茶が並ぶ中、「ホワイトティー」という珍しい茶葉を発見👀

カップに直接茶葉を入れて、ゆっくりゆっくりと開くのを待ちます。これもまた楽しい時間です♪ お白湯のような薄い色ですが、ちゃんと葉っぱの清々しい香りが口いっぱいに広がります。渋みもなく、どことなく懐かしい感じがします。どちらかというと、日本茶の感覚に近いからでしょうか・・・

その他にも、様々な茶葉の美味しい淹れ方を教えていただき、ちょっと得した感じ(*^^*) 雨足が強くなる中、足取りも軽く帰路につきました。

途中、八幡さんから駅に続く段葛を通りました。
つい先日まで咲き誇っていた桜もすっかり葉桜となり、その新緑の美しさに目を奪われました(*^^*)
  
毎日変わらぬ日々を送っているように思っていましたが、刻々と自然界は次のステージへと突き進んでいるようです。

 

 

昨日のグリーフケアの際にも、お紅茶とスイーツを口に入れた途端、ホロホロと涙が溢れ、かなしいお話がこぼれ出てきました。

なにが心身を緩めてくれるかは人それぞれではありますが、最初にお出しするお紅茶が、そのきっかけとなってくれれば嬉しいです。


ライブラリーというにはちょっと寂しい蔵書数ですが(^_^;) それでもなにかこころにひっかかるものが見つかるかもしれません。貸し出しもしておりますので、グリーフケアを受けるわけではなくとも気軽にお越しいただき、こころ穏やかな時間を過ごしていただければ、、、と願っております(*^^)v

 

 

 

なんだろう、、、この感じ

こんばんは!高尾です(^^♪

今日も汗ばむような陽気でしたね💦
先週逗子に来た時は、エアコン&電気ストーブ、そしてひざ掛けが必要な寒さだったのに、今日はちょっと動くだけで汗がタラ〜と・・・(^_^;)

そのような陽気の中、逗子対面グリーフケア初のご来室者さまをお迎えいたしました。途中鎌倉に寄って散策を楽しまれた後、逗子まで足を運んでいただきました。遠路遥々来ていただけましたこと、本当に嬉しく、感謝の気持でいっぱいです(*^^*)

 

 

お天気がよかったので、まずは相模湾を一望できる裏山に登り、非日常を味わっていただきました。

 

 

お天気はよかったものの、熱気のせいか遠くが霞んでしまい、残念ながら富士山はお隠れに・・・(T_T) 本当なら、このあたりに見えるはずなのですが。。。

 

そしていよいよ『湘南ライブラリー』にお迎えし、私も大好きな「くるみっこ」とフルーティーな香り漂うお紅茶で一服していただき、ゆっくりとお話を聴かせていただきました。

窓の外には新緑美しい逗子の山並み、遠方には相模湾を眺めます。
そして窓からは、ここちよい風がそよそよと吹き込んできます。
鳥のさえずりも、どこからともなく聴こえてきます。
BGMはピアノのやさしいメロディー。
そしてアロマキャンドルから漂ってくる、鼻をくすぐるようないい匂い(*˘︶˘*).。.:*♡

五感が奮い立ち、いつもとはちょっと異なる不思議な感覚が湧き立ってきます。お話を伺っているうちに、ふと私自身の遠い記憶が蘇り、自身のグリーフをやさしくケアしてもらっているような感覚とでもいうのでしょうか・・・
昨年の玉置さんの講演会で感じたような、場所と人と物語が融合し、こころとこころが響鳴しあったあの瞬間と似ているように感じました。

もちろん六本木のサロンも「ここちよい空間を!」と整えてまいりましたが、やはりビルに囲まれた都会のど真ん中と、自然に囲まれた山間とでは、開放感が異なるのかもしれません。こころと身体がいい具合いに緩み始め、言葉が自然に溢れてきて、今ここの思いを紡ぎ始める感じでした。だからこそ、涙が溢れ出し、そして笑顔が輝いていたのかもしれません。とっても素敵なことなのですが、その代わり時間をかけて来ていただかなければならないのが、なんとも申し訳ない・・・(^_^;)

帰り際、こんなにもかなしい出来事に遭遇したにもかかわらず、「楽しかった」という言葉を残してくださいました。「かなしいけれども温かい場所」。Be-ingの存在する意味はやっぱりこれなんだよな、と再認識させていただきました。

なにかのきっかけさえあれば行ってみたい場所。ここ「湘南ライブラリー」がそんな場所のひとつになってくれることをあらためて願いつつ、いい時間をともに過ごすことができたことに、こころから感謝する1日の終わりです。

早々に・・・

こんばんは!高尾です(^^♪

逗子という、かなりローカルな開催場所にもかかわらず、一晩にてキャンドルワークショップが満席となりました。
早々のお申込み、どうもありがとうございましたm(__)m

当日まで2ヶ月ありますので、しっかりと準備を進めてまいりたいと思います。

きっと、モリモリの紫陽花が皆さまをお迎えしてくれることと思います。
雨の鎌倉・逗子も、なかなかしっとりとしていいものです。雨でも晴れでも、海でも山でも、心身を緩め、解放できる日となれるよう願いながら、当日を待つことにいたします。

イベントのご案内<その2>

こんばんは!引き続き高尾です(^^♪

半年ほど先になりますが、本年も玉置妙憂さんに講演をしていただける運びとなりました。本年より「連続講座」として、年に1回開催予定でございます。

まだお願いする内容は決まっておりませんので、お話ししていただきたいテーマをメールにてご連絡いただければ、玉置さんにお伝えしてまいりたいと思っております。(8月末までにご連絡をお願いいたします)

日程:10月23日(日)13:00〜14:30
場所:日本橋髙島屋三井ビルディング31階

となります。

昨年アンケートにてご案内を希望された方には、詳細が決まり次第順次メールにてご案内させていただきます。その後HPにてご案内いたしますので、コロナが落ち着いていることを願いながら、こちらのイベントも楽しみにお待ち下さい。

 

イベント開催のご案内<その1>

こんばんは!高尾です(^^♪

4月って、こんなに雨が多かったかしら・・・というくらい、スッキリと気持ちのいい晴天に恵まれない中、それでも季節は、次のステージに移ろいつつあります。紫陽花の葉っぱがモリモリです🌿🌿

 

ということで、本日は6月に開催予定の「紫陽花キャンドル/アイスキャンドル ワークショップ & 絵本deカフェ」のご案内です\(^o^)/

今回より、お申込みは『イベント予約』より、簡単に行っていただけるようになりました。
『イベント予約』から入っていただくと、この画面が出てまいります。

続行をクリックしていただき、次の画面にお名前、メールアドレス、お電話番号を入力していただき、「確認」をクリックしていただくだけです。
お支払いは、当日会場にてお支払いいただくため「On-Site」で登録しております。振込はなさらずに、当日お持ちください。

昨年は鎌倉散策をいたしましたが、かなり蒸し暑い中での散策で、それだけでお疲れのご様子でした。そこで本年は、逗子の自然をほんの少しお楽しみいただくだけにいたしました。お天気がよければ、徒歩1分ほどの裏山から、素晴らしい光景を御覧いただけるハズでございます(^^)
また、16時半には終了予定ですので、その後披露山公園に寄られたり、逗子マリーナや材木座海岸から江ノ島越しに富士山の近くに沈んでゆく、燃えるような夕陽を眺めに行かれるのもおすすめです。(そのままバスで鎌倉に出られます)
基本的には駅までの送迎つきとなっておりますので、安心してお越しください。

場所が遠いため、少し早めのご案内となります。丸一日開けておいていただかなければならないと思いますので、スケジュールの調整、ご確認の上お申し込みください。
今回、逗子での開催が初めてとなりますので、3名様という少人数での開催とさせていただきます。滞りなく開催することができましたら、次回からは少しずつ人数を増やしていく予定でございます。

どうぞ、プチ旅行の気分でお越しくださいませ!!
ai先生と共に、お申し込みをお待ちしております\(^o^)/

覚悟を決めて

こんばんは!高尾です(^^♪

コロナで足が遠のいていたクライアントさんたちが、少しずつ戻ってこられています。新規の方も、迷いながらも勇気を出して、最初の一歩を踏み出されています。時間が経てば経つほど、喪失悲嘆が複雑性を帯びてきてしまいます。特にお身体になにかしらの症状が出てきておられる方は、一度お話をされにお越しください。「一筋の光」の可能性が見えてくるかもしれません。

昨日の夕方から逗子に来ています。

逗子マリーナを横切って材木座に出るいつものお散歩ルート。
台風の影響か、いつもの物静かな海とは全く異なる表情をみせています。

 

 

 

少しずつ少しずつ太陽が沈んでいく様子を、逗子マリーナから多くの人が見守っていました。

 

 

 

帰り道、ふと空をみあげると、ピンクムーンが輝いていました。

 

 

そして今日、雨上がりの空には・・・

太陽も月も虹も、、、たとえどのような出来事がこの地球上で起ころうとも、まるでなにごともなかったかのように、いつもどおりいつもどおり。。。
その自然の中で我々は生かされている、ということを見つめ直すことのできた、いい時間でした🌈

ここ2〜3週間で、また身の回りが騒がしくなってまいりました。
週一で六本木のクリニックの仕事を請け負っていましたが、新規のプロジェクトがうまく回り始め、人手が足りなくなったことで、地元の皮膚科を退職して、そちらの仕事を手伝うことになりました。ここ2年はほとんどリモートで、外に出ることも、遠距離通勤も、残業も、もうないかもしれないと思っていたのですが。。。

新規プロジェクトは、新六本木クリニックとDMM.comとの連携によるオンラインによる自由診療。診療と医事、薬剤の3チームに分かれていますが、私はオンラインシステムに長年携わってきたことから、医事の部分を担当することになりました。
今まで培ってきた様々な断片を手繰り寄せながら、オンラインならではのスムーズな診療を目指します。
新しいシステムも導入され、思い出すのはクリニクスが走り出した頃のあれやらこれやら・・・日々システムは更新され、え〜〜やっと覚えたのに(T_T)の連続。そしてシステム自体なかなか思うようには動いてくれず。。。最初はトラブルをひとつずつ見直しながら、、、。
それでも患者さんには安心して受診してもらわなければならないし、お薬もきちんと届けなければなりません。本当に緊張の連続です。それでも、2016年にこのクリニックのオープニングスタッフとして関わった以上、このプロジェクトを最後まで見届けたいと思います。六本木で朝から晩まで働くということは、私の年齢においてはかなりの覚悟が必要です。集中力も途切れがちです。でも、鉛筆一本から揃えたこのクリニックでのこの仕事を最後の仕事として、いつか、本当にやってよかったと思えるよう、最後の力を振り絞って臨もうと決めました。

グリーフ・カフェ Be-ingも、ここ新六本木クリニックとの連携により誕生しました。そのことへの感謝の気持ちも込めて、覚悟を決めて頑張ってみます(*^_^*)

 

ミモザがいっぱい(*˘︶˘*).。.:*♡

こんばんは!高尾です(^^♪

今日はお天気もよく、気温もぐんぐん上がり、絶好のキャンドルワークショップ日和となりました☼

六本木のサロンでのキャンドルワークショップは初めてです。

準備はいつも通り万端に!

 

 

テーブル席と出窓席。

ディスタンスも万全です!

 

 

 

 

まずは、ミモザをキャンドルの高さに
チョキチョキと切ります。

そして、キャンドルの縁に並べていきます。

 

そこにロウを流し込み、冷蔵庫で冷やし固めます。

固まるまでの間、いい香りのお紅茶をいただきながら、絵本の朗読に耳を傾けます。何度読んでも、何度聴いても、胸があつくなるものがたり「あかり」です。

絵本をめくるのが苦手な私は、めくりをai先生にお任せして、朗読に集中させていただきます。

 

 

 

今回も、あたたかい涙が流れました。

 

 

 

 

 

絵本談議に花が咲いている間に、しっかりと固まったようです。

 

 

型から外して、中身になるロウを入れて・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにロウを入れて、隙間を埋めていきます。

 


長い工程を経て、ようやく出来上がりました\(^o^)/


絵本の表紙のキャンドルも、まるで本物の炎が揺らめくように輝いています✨
今年のミモザキャンドルも、それぞれ個性たっぷりの、世界にひとつしかない素敵な出来上がりとなりました(^^)

お喋りにも花が咲いて、お部屋中がお花畑のような色合いに埋め尽くされ、明るく賑やかになりました。
こんな素敵な時間をともに過ごすことができたことを、とても幸せに感じております。
また、ご一緒いたしましょう(*˘︶˘*).。.:*♡

いよいよ新しいシステムが稼働します!

こんばんは!高尾です(^^♪

とにかく寒いです(。>﹏<。)
4月だし・・・と躊躇してしまいますが、ダウンでちょうどいい感じです。
でも、明日からはいよいよ春の陽気到来🌷のようですよ(^^)

 

さて、なかなかシステムがうまく動かず、ご予約ができない状態が続いておりましたが、ようやく、やっと、、、準備が整いました(^o^)/
明日より、新体制でのBe-ingが動き出します。

本日、『ご予約』のページを公開いたします。
『開室日/料金/ご予約方法のご案内』の、https://www.grief-cafe.com/ご予約/をクリックしていただくと、『ご予約』のページに飛びますので、そこからご予約をお願いいたします。
開室のスケジュールが少々ややこしいので、『開室日/料金/ご予約方法のご案内』の開室日のご案内と合わせてご覧になってください。
変更点は以下の通りとなっております。

対面に関しては、第1,3,5週が六本木第2,4週が逗子となります。オンラインに関しては、週は関係ありません。

時間に関しては、今までよりもご予約可能な時間帯を増やしております。
例えば、対面の13時にご予約が入りますと、次の対面14時からとオンライン13時の枠が閉じるようになっております。

料金体制も新しくなります。

今までは初回90分5,000円でしたが、初対面で90分お話をされると想像以上にお疲れになりますので、今後は初回60分で4,000円とさせていただきます。90分お話しされたいという方がおられましたら、事前にお申し出いただき、その場合には5,000円にて承ります。

ご予約は『ご予約』のページからのオンライン予約のみとなります。ご予約方法は『ご予約』に詳しく載せておりますので、ご覧になってください。

お支払い方法は『On-Site』か『PayPal』のいずれかを、ご予約の際にお選びいただけるようになりました。On-Siteには、銀行振込と現金支払がございますが、現金支払は、対面の再来の方のみとなりますのでご注意ください。

キャンセルポリシーは今まで通りとさせていただきます。
前日の18時までにキャンセルしていただければ、PayPalの場合にはそのまま返金作業をさせていただきます。On-Siteの場合には、返金先の金融機関と口座番号のご連絡をお願いいたします。確認次第、ご指定の金融機関の口座に返金させていただきます。

今回のシステム改定に際し、Be-ingは再び新六本木クリニック内にて運営されることとなりました。六本木での対面をご希望の方は、カウンセリングの場所をクリニックかBELHOUSかで選んでいただくことができるようになりました。(ただし、クリニックでのカウンセリングは土曜日のみ)
基本はBELHOUSとなりますので、クリニックをご希望の方はメールにてお申し出ください。

このシステムに慣れるまでには様々なトラブルが起こるかもしれませんが、お一人でも多くの方々にグリーフケアの扉を開けていただきたいと願っておりますので、どうぞご協力とご理解のほど、よろしくお願いいたしますm(__)m
うまく予約ができない、、、等がございましたら、遠慮なくメールにてお問い合わせください。

それでは、新生Be-ingどうぞよろしくお願いいたします.。.:*♡

お急ぎください💨

こんばんは!高尾です(^^♪

少しずつだと思っていた桜の開花ですが、昨日今日の暖かさで一気に満開だそうです🌸
とはいえ、昨日のミッドタウンはこんな感じ。。。

 

 

もうあと一息!!

 

今日は、ここ鎌倉で桜三昧🌸🌸🌸(*˘︶˘*).。.:*♡

 

 

 

本覚寺の枝垂れ桜

 

 

 

昨年のワークショップで散策した妙本寺

 

 

 

段葛は、もう後ふた息くらいでしょうか・・・

 

やっぱり桜を愛でるって、魂を揺さぶられるような不思議な感覚を覚えます。満開の桜を目の前にすると、なんというか「ぞわ〜」っとしてしまいます。たくさんの魂が、会いたい人めがけて降りてこられるからでしょうか。。。

そんな桜のさくらちゃんのものがたりを、絵本の花束でご紹介しています。この季節だからこそ、手にとっていただきたい1冊です\(^o^)/

 

さて、ミモザキャンドルワークショップですが、12時半からの部は満席、15時半からの部も後1席となっております。参加ご希望の方がおられましたら、どうぞお早めにご連絡くださいませ(*^_^*)

 

会いたいと言われたら・・・

こんばんは!高尾です(^^♪

先日、初めてこられたクライアントさんから、とても素敵な物語を聴かせていただきました。もちろん、どんなに素敵な物語の中にあったとしても、大切な方を亡くされたかなしみで溢れたこころでは、素敵が素敵であることを感じることができなくても当たり前だと思います。今はまだまだ・・・それでいいのです。
でもいつか、その素敵な物語の主人公が、ご自分とその大切なパートナーだということに気づけたとしたら、どんなにか救われることでしょうか。その日が来るまで、私は静かに伴走させていただこうと思います。

そして、こんな私も、時には誰かに話を聴いてもらいたいと思うことがあるのです。でも、どんなにSOSを出しても、どんなに願っても、それが叶うことは、残念ながらなかなかありません。
「忙しい」「時間がない」。誰だって同じです。誰だって『忙』しくって、心を亡くすことはあるのです。でも、「いつか時間ができたら」の「いつか」は、いつまでも続くものではありません。時間は、何もしなければ、ただどんどん流れていってしまいます。24時間のうちのたった1時間、1週間のうちのたった1時間、1ヶ月のうちのたった1時間。そのたった1時間で救われる人がいるのだとしたら、その1時間はただ流れていくだけの時間ではなく、かけがえのない時間へと変貌するのです。

先日、SOSを出し続けていたのに、周りが手をこまねいている間に喪われてしまったいのちがあることをお伝えしました。もしかしたら彼女は伝えることを諦めてしまったのかもしれません。諦めるとは明らかにすることです。彼女の中で、何かが明らかになってしまったのかもしれません。
自分のために誰かが時間を作ってくれる。話を聴いてくれる。救ってくれる。でも、それを拒否され続けると、自分はひょっとしたら、そんなかけがえのない時間を作ってもらうに値する人間ではないのかもしれない。ひいては、その思いが、生きている意味さえも見失うほどに彼女を追い詰めてしまったのかもしれません。

どうか、どなたかに「会いたい」「話がしたい」と切望されたら、30分でも構わないので時間を作って差し上げてください。大切なのは、時間の長さではなく、自分に会いたいと、話を聴いてもらいたいと、そう願ってくれているその人の存在に感謝し、その気持ちになんとか応えようとする「思い」なのですから。
少なくとも、私はそうありたいと願いながら生きてきました。前後の予定を15分ずつでもずらしていけば、そこには30分という、かけがえのない時間が生まれるのです(*^_^*)
コロナ渦の今であっても、電話やメール、LINE、zoomなど、ありがたいことに様々な手段があるのですから、なんでもあり!で、とにかくスルーせずに、その方のために、時間を作って差し上げてください。

つたえるべき「今」は、いつまでも待ってはくれない
「がんばりすぎたきみ。きょうは、うんと休みすぎようね」。より)

ただ時間に流されて忙しいを言い訳にしていたら、その大切な人はもう、この世にはいないかもしれない、、、ということを私は今、痛感しています。

自分のために、頑張って時間を作ってくれる誰かがいる。なんて素敵なことでしょう(*˘︶˘*).。.:*♡
もうそれだけで、悩みの半分くらいは吹っ飛ぶってもんです(^_^)v